生産者さんに感謝の気持ちを伝えること

叔父さんからブロッコリーやかき菜、ほうれん草など、食べきれないほどの野菜をたくさん頂きました。お野菜も高いので本当に助かります、感謝ですね。

 

わたしは農業を1年間体験したことがあるのですが、一から食べ物を作ったことで食べ物をより一層大切に扱うようになりました。

 

kirahika.hatenablog.com

 

生産者にとって野菜は子供と一緒。
破棄するくらいなら、お金を払ってでも食べてもらいたいのです。
美味しかった!の言葉がお金のようなものでした(わたしはそう思いました)

 

だから自分で作った野菜はお金を払って(送料はこちらで払い、タダで配る)友人たちに食べてもらってました。

 

まぁ、そんなこと呑気に言えるのは農家じゃないからでしょうが、きっと農家の皆さんもお金の心配がなければ、きっと同じ気持ちなんじゃないかなと思います。

 

叔父さんから野菜をいただくたびに、自分が野菜を作っていた時の気持ちを思い出します。だから叔父さんの気持ちもちょっと理解できます。

 

食べきれない時はお金を払ってでもみんなに分け合う。

 

昨日は友人に調理しておすそ分けしました。

一晩で全部食べちゃったと連絡がきて、早くない?とは思いましたが(笑)

それだけ美味しかったということかな(^^)

 

叔父さんも野菜もみんなもわたしも喜ぶね!
いつも皆さんに感謝なのです。

 

ありがとうございます。

 

私たちが普段食べているものはすぐにはできあがらない。

そのままがあるわけじゃないんです。

 

野菜は種から、魚は卵から、加工品はそれらが揃って初めて加工できる。

 

それを心から理解できると心も世界も平和になるのになぁ、なんて思います。

 

f:id:kirahika:20180411202236j:plain

 

 

◆今後の講座予定◆

心が豊かになる読書会~ひかりの会~

初回は『人生が大きく変わるアドラー心理学入門』/岩井俊憲(著)かんき出版 です!

2018年 6月 3日(日)13:00~15:00【新宿開催】定員6名*残席4名

詳細はこちら

 

男女の違いを知る講座

《本講座》2018年 6月 16日(土)13:00~15:00【新宿開催】定員6名

詳細はこちら 

 

アドラー心理学ELM勇気づけ講座 ※第4期募集中!

2018年5月12日(土)、5月19日(土)13:00~18:00【新宿開催】

定員4名*残席2名 ※2名様以上で開催

詳細はこちら 


人気ブログランキング  面白かったら押していただけると嬉しいです!