冬を受け止めるからこそ、春へ繋がる

1泊2日で秩父・長瀞まで旅行してきました。

久しぶりに温泉につかり、とても気持ちよかったです。

心身ともにデトックスになりました♪

 

 f:id:kirahika:20180224164348j:image

f:id:kirahika:20180224164433j:image

f:id:kirahika:20180224164412j:image

f:id:kirahika:20180224164502j:image

蝋梅が見頃でとても綺麗でした♪

紅梅や白梅は一分咲きでこれからのようです。

 

f:id:kirahika:20180224164531j:image 

福寿草も可愛らしいです。

 

先日、梅の季節ということで禅の言葉「一点梅花の蕊、三千世界香し」の記事をかきました。

 

kirahika.hatenablog.com

 

冬を受け止めるからこそ、春へ繋がる

梅といえば、他にもこんな言葉もあります。

 

「梅は寒苦を経て清香を放つ」

 

厳しい寒い冬に耐えて、寒苦という自然の力によって育てられるから、

梅の花は美しいのかもしれません。

 

寒い冬を耐えて、春一番に咲き、香りを放つ。

 

人もまた同じですね。

 


人もまた艱難辛苦を経て、

芳潤な香りを放つのだと思います。

 

苦しい経験も、辛い経験も、悲しい経験も、

その人の大きな財産です。

 

その経験を他人のせいにはせず、自分事として受け入れると、

人の痛みが分かる優しい人間になれます。



辛く苦しい時期を「育てられている」「育てられた」と思えることは大事ですね。

 

冬を受け止めたからこそ、春へ繋がる。

 

だから美しく咲けるのだろうな、と思います。

 

自分が悩んだり、苦しかったり、辛かったり、悲しかったり、困った時に

 

この冬を受け止めよう。そうすれば春がやってくる。

さらに美しく咲けるようになるよ。

 

そんな想いで、この言葉を思い出すと元気がでます。

 

 ※2016.02.29<梅は寒苦を経て清香を放つ>の記事をリライト、加筆しました

 

 

◆今後の講座予定◆

男女の違いを知る講座

《本講座》2018年 3月 24日(土)12:00~18:00 【新宿開催】定員6名

《体験会》2018年 4月 14日(土)13:00~15:00 【新宿開催】定員6名

詳細はこちら 

アドラー心理学ELM勇気づけ講座 ※第4期リクエスト募集中

詳細はこちら 


人気ブログランキング  面白かったら押していただけると嬉しいです!