ぴかりんの個人セッションについて

ちょっと仕事でバタバタしていますがブログはしっかり更新です。

 

最近ではブログもカウンセリングのような効果があるなぁと実感しています。

記事を読んで何かしら気づいたり、元気や勇気が出たり、受講者さんやクライアントさんが気持ちが沈んだ時に気分がアップすることもあるようです(^^)

 

皆さん、いつも読んでくれてありがとうね♪

 

でも今日は個人セッションについて書かせていただきますね。

 

ぴかりんの個人セッションは<ごちゃまぜ>です

正直に申しましてアドラー流と名乗ってはいますが、カウンセリングの手法は全てがアドラー流というわけではなく、ほとんどぴかりん流なんですね。一応、アドラーカウンセリングの手法も勉強中ではありますが、資格もとっていませんから胸をはれない感じです(苦笑)

 

アドラー流とつけているのは自分自身がアドラーを体現、実践して生きてきたから。

 

わたし自身は自分がいいと思ったものは何でもごちゃまぜな人で(笑)

もっと言うと「相手が満足すれば何使ってもいいんじゃね?」という考え方が根っこにあるものですから、アドラー一色ではなく、かなりいい加減です(もちろん、良い意味でね)

 

アドラー心理学での解説だけではなく、男女の違い(遺伝子やホルモン)、人類学、たまに仏教も出てきちゃう…その他人生経験等ね。

でも、ごちゃまぜのいいところは色々な観点(視点)から物事を考えることができ、アドバイスも色々な視点からできるところが強みなのかなと思います。

 

クライアントを見て、その人に合わせてアプローチの仕方を変えているところがあります。 何でもありありのカウンセリングですし、どちらかというとコーチングに近いのかなと思っています。

 

カウンセリングは悩み相談、問題解決を重視するイメージ。

頭の中や気持ちの整理ができるようなお手伝いをすることです。

クライアントには、たくさん話してもらいます。

 

コーチングは抱えているテーマに対してクライアント自身が考え、答えを見出す&気づきが得られるように問いかけをするイメージですかね。

クライアントには、たくさん考えてもらいます。

 

わたしのクライアントは、ほとんどが悩み相談という形でカウンセリングを受けにきますが、根本の問題点に気づきはじめると最終的には「自分がどうなっていきたいのか?」という希望や目標の部分を意識し始めます。

よりよい状態・姿に導くお手伝いをすることになるので、コーチングっぽく変わっていくのですね。

 

やはりアドラー心理学は未来志向の考え方なので「現状を知りました。で、これからどうしていく?」の部分は大切だと思っています。

 

そんなごちゃまぜな個人セッションですが、受けてみたい方は是非お問い合わせくださいね(^^)

 

kirahika.hatenablog.com

 

◆今後の講座予定◆

男女の違いを知る講座

【体験会】2018年  2月  3日(土)12:00~18:00 【新宿開催】定員6名*残席5名

《本講座》2018年 3月 24日(土)12:00~18:00 【新宿開催】定員6名

詳細はこちら 

アドラー心理学ELM勇気づけ講座 ※第4期リクエスト募集中

詳細はこちら 


人気ブログランキング  面白かったら押していただけると嬉しいです!