人それぞれオリジナルのストーリーを持っていることを忘れないように

わたしは日々「今の自分にできることはなんだろう?」と考えながら生きています。

自分が持っている能力、立場、経験など、全てを使って自分にできることをしていきたいと考えています。

 

そう考える日々の中で、2年前にわたしなりの子育て論を書きました。

 

子育て論を聞く機会が増えて、意見の相違で争っている場面を目にする機会増えました。究極的な意見で分かれるのが、経験があるかどうか(=経験ないのだからわからんだろう的なもの)
 
結婚しているかしていないか
出産経験あるかないか
育児経験があるかないか
 
そういうコメントを見たときにわたしは、自分がとても中途半端な存在であるという事実を突きつけられる。全てが継続していることを前提に話が展開されているからです。継続できなかった自分は中途半端だなと思う。
 
「中途半端」と聞くと良いイメージに受け取られないかもしれないが、
私がここで思っている「中途半端」というイメージは決して悪いものではありません。
 
私は出産経験もあるし、子育て経験もある。
ただ、今は子育てをしていない。
代わりにあるものは「子供を失う」という経験でした。
  
そんな立場ですから、しっかりと母親の気持ちもわかりますし、育児の大変さもわかっています。でも、育児をする機会を失い、やりきることが出来なかった自分は育児を語ることも難しい。
 
今は子供もおらず、独身です。
シングルマザーではないので生活スタイルは完全に独身者ですが、心は出産して子育てをしてしまうと純粋?な独身の気持ちには戻れません。やはり未経験者にはもどれないから。
 
 
「どちらも経験しているからそれぞれの言い分はどちらも正しいと思う。
でもどちらも経験していないから、正しいとは言えない」
 
 
ちょっと難しい言い方になってしまうかもしれないけど、そう感じてる。
 
 
でも「どちらもわかる」と思えるのは、
どちらもちゃんと経験しているからなのだ。
 
 
「どちらもわからない」から〈どっちつかず〉ではなく、
「どちらもわかる」ので〈どっちつかず〉なのだ。
 
 
どちらも正しいと思い、どちらも正しくないと思う感覚は、
ほんの少しだけ寂しくなる時がある。
 
 
どちらも知っているのに中途半端な位置にいることを思い知らされて自分なりの答えが出せなくなるからです。
 
 
でも自分のこれまでの経験によって生まれた、この微妙な感覚を持てるということは見方を変えれば、とても恵まれているのではないかと自分では思っている。
 
 
中途半端にしかわからない気持ちというのがあるはずだから。
 
 
決して悪いことではないと思うし、自分のこれまでの経験やこの感覚をいかした意見が言えるようにできたらいいなと思う。
 
 
確信して断言できることは、育児することが当たり前、子供がいることが当たり前になり、大変な毎日で育児に対して不平不満ばかりになってしまう時がある。嫌になってしまうこともあるかもしれない。
 
 
でも、お子さんが隣にいることは当たり前ではない。
いつ失うか、いなくなるかわからない。
 
 
それだけは確かだということ。
それを思い出してほしい。
 
それは私の立場だから言えることでもある。
精一杯の愛情で育児してほしいと願っている。
 
(中途半端な私だからこそ言える、たった一つの子育て論 2016.01.09の記事)
※リライトして引用しています。

 

この記事は「子供を失った母親」という自分の持っている立場から書いたものです。

 

自分の立場からたった一つだけ確実にいえること「子供が隣にいることは当たり前ではない。そのことを時には思い出しながら育児してほしい」というメッセージを書きました。

 

人それぞれオリジナルのストーリーを持っていることを忘れないように

自分の意見を認めてほしいのなら、他者の意見を認めること。

自分の生き方を認めてほしいのなら、他者の生き方も認めること。

 

自分と他者はセットです。

 

人それぞれオリジナルの人生(価値観や立場)があります。

 

安西光には安西光のストーリーがあるように

貴方にも貴方のストーリーがある。

 

自分のストーリーを認めてほしければ、

他者のストーリーを認めてあげなければいけないよね。

 

安西光のストーリーをみんなに知ってほしいし、認めて欲しい。

だから、わたし以外の他者のストーリーを認めます。

 

ただ、それだけのことです。

とってもシンプル。

 

あなたが間違っていると思っているときは、

相手もあなたを間違っていると思っているでしょう。

 

 

自分の権利を主張したいなら、相手の権利も尊重すること。

自分の価値観を認めて欲しいのなら、相手の価値観も認めること。

自分を信じてほしいなら、相手を信じること。

 

自分と他者はセットであることを忘れないでくださいね(^^)

 

 

◆今後の講座予定◆

第4回ぴかりん会<新年会>

2018年  1月19日(金)19:00~ 【新宿開催】定員6名*残席1名

男女の違いを知る講座

【体験会】2018年  2月  3日(土)12:00~18:00 【新宿開催】定員6名

《本講座》2018年 3月 24日(土)12:00~18:00 【新宿開催】定員6名

詳細はこちら 

アドラー心理学ELM勇気づけ講座 ※第4期リクエスト募集中

詳細はこちら 


人気ブログランキング  面白かったら押していただけると嬉しいです!