近しい人間が信頼して相談できる場所になること

先日、母とデートをしました。

最近あった出来事をお互いに話し合ったのですが、わたしは大阪での出来事を話題に出しました。

元ストーカー加害者にお会いして色々お話を聴いて勉強になったこと、今度DV加害者更生プログラムの見学に行くことなど。

kirahika.hatenablog.com

 

知らなかった家族の過去を知れる時期がやってきた

その話の流れから母が父から暴力を受けていた時のことを話してくれました。

 

「光ちゃんは覚えているかわからないけど…」

 

正直小さすぎてあまり覚えておらず、なぜか母が暴力を受けているシーンは全く覚えていません。姉たちが暴力を受けていたシーンは少しだけ覚えているけど。

 

「傷だらけになってね、目のところなんかもこうやって切れちゃって…誰にも見せられないような顔になっていたよ」と身振り手振りもそえて詳細に教えてくれました。

離婚した時にどうやって離れられたのか、その時の母の気持ち…などなど。

 

内容はどうであれ、今まで知り得なかった家族のことを知れるのは、とても嬉しいことです。

 

後日、DV加害者更生プログラム見学ができるのも、きっとご縁なのかもしれません。

 

近しい人間が信頼して相談できる場所になること

アドラー心理学をやり始めて良かったことは、まるで封印していたかのように話されてこなかった過去の家族の出来事を母が話してくれるようになりました。

 

ううん、正確にいえば、アドラー心理学はただのツール。

ツールを使って自分自身が成長し、やっと他者を受け入れるわたしが出来上がってきたのだと思う。

 

「そんな出来事あったんだなぁ、でも想像できるわ」なんて思いながら、完全に聴き役にまわり、話をずっと聴いています。

 

今まで話してくれなかったことを話してくれるという行為は「この子ならどんな話をしても大丈夫」ということだと解釈しています。母も話すことによって少しずつ癒されているのではないかなと思うのです。

 

そして、もう一つ良かったことは、最近は母からも相談をよくされるようになったこと。

前よりも苦しいときは頼ってくれるようになったことです。

 

自分にもっとも近しい人間を幸せにできなければ、遠い人間を幸せにすることなんてできないと考えているので、もっとも近しい人間を大切にすることを心がけています。

 

周りの人が相談できる場所になれたこと、それだけでアドラー心理学を学んだ価値はあるなぁと思います。

 

少しずつ、少しずつ、

母の話をもっと聴きたいと思います(^^)

 

 

 

◆今後の講座予定◆___________________

男女の違いを知る講座 ~分かち愛、ベストパートナーになろう~

2017年10月29日(日)12:00~18:00 【新宿開催】

定員6名*残席4名

2017年11月18日(土)12:00~18:00 【新宿開催】

定員6名*残席3名

詳細はこちら

 

アドラー心理学ELM勇気づけ講座 ◇第3期募集中◇

2017年10月15日(日)13:00~18:00 
2017年10月22日(日)13:00~18:00

2日間【新宿開催】
定員4名*残席2名

詳細はこちら

 ____________________________

 


人気ブログランキング

面白かったら押していただけると嬉しいです