被害者だと思い込んで、実は加害者かもしれない

頻繁に対人関係でトラブルが起きる人を客観的に見ていると、

被害者側にもトラブルを引き起こしている要因があるな、と感じます。

 

自分は被害者だと思い込んでいたら、実は加害者だったりして…

 

加害者かもしれないという視点で考えること

対人関係にトラブルを抱えた時は、相手だけを責めるのではなく「自分も相手に対して嫌な思いをさせていなかったか?」など振り返ることは必要なことだと思います。

 

もちろん、全く知らないところで嫌われてしまうこともありますけど、

相手に嫌な思いや不快感を与えている可能性は高いです。

 

その視点を持てるだけでお互いに相手に対して優しく思える。

 

相手のせいにばかりして、そこに気づけないと何度も何度も同じようなことが繰り返されます。その時は自分にも落ち度はあると思ったほうがよいのだと思う。

 

対人関係のトラブルを発展させやすい人は共感力の低さと課題の分離が出来ていません。

 

他者の気持ちを考える共感力と課題の分離、鍛えたいですね。

 

 

 

◆今後の講座予定◆___________________

男女の違いを知る講座 ~分かち愛、ベストパートナーになろう~

2017年8月13日(日)12:00~18:00 【高円寺開催】

定員4名*満員御礼!

2017年9月9日(土)12:00~18:00 【新宿開催】

定員8名*残席1名 増席しました!

2017年9月30日(土)12:00~18:00 【新宿開催】

定員6名*残席4名

詳細はこちら

 

アドラー心理学ELM勇気づけ講座第3期募集中>

2017年9月3日、10日、17日(日曜日)

13:00~16:00 【新宿開催】

定員4名

詳細はこちら

____________________________

 


人気ブログランキング

面白かったら押していただけると嬉しいです