誰も支配せず、誰からも支配されないで生きること

ブログ開設当初からつい最近の5月までブログテーマは「自分を好きになろう」でした。

 

でも、自分嫌いでもいいんじゃないかと思い始めました。

 

自分のことが好きかどうかと自己受容は別物なんじゃないだろうか。

 

「自分嫌いだけど、それでOK!」な人もいるかもしれないから、本人がそれでいいならOKです。

 

わたしはブログで「自分大好きです」と書いていますが、そんなこと意識したのはブログを書き始めてからでした。

自分のことを発信するために「自分大好きです」と書いているだけであって、実際はもう自分好きとか嫌いとか意識すらしないのです。なぜなら、自分を好きであることが当然だと思って生きてきたから。

 

30代後半まで「自分の○○が好き」とか「自分の○○が嫌い」とか考えたことありませんでした。

 

だって、しゃーないやん。自分の持ってるものしかないんだもん!とすらも思わずに、それが当たり前で生きてきたのです。

 

自分が精神的に不自由なく暮らしていたことを振り返っても、そこには自分のことを好きとか嫌いとか、関係ない気がします。だって考えたことなかったのですから。

 

 

自分は自分でしかない。

 

 

それの体得具合で精神的な自由度は左右されるんじゃないかしら。

今はなんとなく、そう思っています。

 

 

誰も支配せず、誰からも支配されないで生きること

これからのテーマは「誰も支配せず、誰からも支配されないで生きること」です。

 

ヘッダー画像と紹介文などは変更したのですがブログではご報告していませんでした。

 

だから自分のことを好きになりたきゃ好きになればいいし、嫌いのままで本人が幸せならそれでOK。「どちらがいい」なんてものはないし、誰からも支配されず本人が自分で決めることです。

 

だから、わたしのブログは自分のこと中心にしか書いていません。

あれがいい、これがいい、こうすべき等とは書かず「自分はこうだ」としか書かないようにしています。

 

それをみて、読者が勝手に自分の価値観を当てはめて考えてくれるので余計な価値観の押しつけは書かなくてもいいと思っています。

 

だから、ブログの人気はあまりないと思う。

わたしのことしか書いていないから(笑)

そのかわり、一見さんは少なくコアなファンはある一定数います。

 

勘違いされたくないのは「あれがいい、これがいい」と価値観を与えるというのも必要なことだと思う。

 

なぜなら受け取り側にも「層」があるからです。その人に合った層が集まってくるし、その層はそれらを求めてきているのですから。

 

 

わたしのブログは比較的自己受容ができている層に好まれる。

講座の受講者も自己受容ができていてポジティブ志向、さらに自己を高めたいという目的の人がほとんどです。

 

そういう人たちは勝手に自分で価値観を決定できる。

わたしの役目は、ブログ(わたしの価値観)を通して自分の価値観を再確認、考えてもらうことだと思っています。

 

 

※フェイスブックに投稿したのですが、こちらにも加筆修正した同じ内容を記事として残しておきます。

 

 

 

 

◆今後の講座予定◆____________________

現在講座はリニューアルに向けてお休み中。

 

<8月に開催予定>
男女の違いを知る講座~だから男女はすれ違う~

____________________________

 


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると嬉しいです