自律の光で心を照らす安西光のブログ【きらきらひかる】

-自律の光で心を照らす-安西光のブログ

自分視点から相手視点へ

これは男女の違いを知る講座でもお伝えしていることですが、

 

「自分のしてほしいことを他人にもしてあげるといい」とよく言いますが、これは「自分と相手が同じ」という視点ですよね。

自分がやってほしいことを相手もしてほしいとは限りません。

 

「自分がされて嫌なことはしない」も同じです。

 

kirahika.hatenablog.com

 

「自分」を「相手」に変える

「自分」を「相手」に変える。

大人になれば誰でも「生まれも育ちも違い、性格も、意思も、誰一人同じ人間などいない」と認識もできると思います。自分と相手とは違う人間なのです。

 

自分にされても大丈夫なものが相手がダメな場合もありますし、その逆だってありますよね。

 

大切なのは相手の立場に立って考えることです。

 

相手の立場にたって考えるということは意外と難しいし、労力のかかるものです。

これができるようになるには「相手を知る作業」と「相手視点で物事を考える、想像する力」が必要で、二つがそろってやっと「相手は○○な人だから嫌がるからやめよう」と考えられるのだと思います。

 

相手を思いやる心を持つには、自分に余裕がなければなりません。

 

いつも何かに追われ、いつも比較し、いつも嫉妬し、いつもイラついて何かにあたってしまい、他人を受け入れられない人たちにはこの「相手の立場に立つこと」は難しい。

まずは自分を整えることから始まりますね。

 

それからでもいいので

「本当に相手が求めていることだろうか?」

自分視点から相手視点へと変えていきましょう。

 

 

 

◆今後の講座予定◆____________________

現在講座はお休み中。リクエストがあれば開催します!

 

2017年6月10日(土)18:00~

第3回ぴかりん会 満員御礼!

____________________________

 


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると嬉しいです