安西光(ぴかりん)のブログ【きらきらひかる】

-自律の光で心を照らす-安西光のブログ

応援したい人、したくない人。

人気がない・応援されない人にはある共通点があると思う。

 

それは「喋りすぎる」こと。

 

この「喋る」は単に言葉の多さではないのです。

 

喋りすぎる人ってどんな人?

わたしが応援したくない〈喋りすぎる人〉はこんな人です。

 

・話す内容が自分アピールばかり

・相手の話に途中で割り込み、相手に興味を示さない態度

・相手が求めていないのに自分の宣伝や商売に繋げようと必死

・相手のやる気を削ぐダメだしや、他人の足を引っ張る余計な一言をいう。

・他人の悪口悪評を聴いてもいないのに話す人は論外

 

相手の話を良く聴き、相手の話を広げるために話続けることとは大違いです。

だから口数ではなく、質の問題。

 

相手に興味があるのではなく、自分を売り込むための繋がりを確保・利用するための言動が多かったり、「それ、言わなくていいよね」という言葉を選択しがちな人は、応援したい気持ちになれない。

 

もちろんビジネスが絡んでくると、自分をアピールしなきゃいけない時もある。

 

でも、その人の心の根底にあるものって、些細な言葉や態度や行動、眼や表情、人柄となって表面に必ず出てくるものです。

 

その根底にある<視えてくるもの>が、わたしが応援したいと思えないときはどんなに素晴らしい言葉が並んでいても、どんなに表面を綺麗に見せていても応援はしません。

 

自分のことばかり考えがちな人は、行動や態度や言葉の端々に「自分さえ良ければいい」という傲慢さが確実にでます。 

 

応援って「応援してくれ!」と押しつけられるものじゃなくて、

周りが勝手に「応援したいな」と思うから応援するんです。

 

「自分を応援してほしい」「自分を見てみて!」というアピールをする前に、やることあるだろう。

 

それは、応援したくなるような人になること。

 

なりふり構わず自分のやりたいことに没頭し、目の前にいる人のことをいつも考えて行動している人が一番応援されると思うのです。

 

わたしはそういう人を自然と応援したくなります。

 

皆さんが応援したいと思う人はどんな人ですか?


 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2017年5月13日(土)、20日(土)13:00~18:00

【アドラー心理学ELM勇気づけ講座】◇新宿開催◇第2期募集中!

2017年5月27日(土)13:00~15:00

【男女の性質の違いを知るスクール・基本編】◇新宿開催◇

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると嬉しいです