読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は自分でデザインする 【 きらきらひかる 】

-人生は自分でデザインする-     アドラー流で生きる 安西光のブログ

怖がらないで関わること。

昨日の夜は久しぶりに若いメンズと電話でおしゃべりをしました。

 

「もう5年経つね」

「え?もう5年も前のことなの!?」

 

なんか、あっという間でビックリしちゃいました。

 

彼とはとある交流会で知り合ったのですが、

5年も経っているのにたぶん片手ほどしか会っていません。

1年に1回会えるか会えないかのシステムのようです。

 

 

でも、わたしのことをとても信頼してくれています(たぶん、笑)

 

普段は音沙汰なしで

 

「ひかるさーん。ご飯いこー」

 

とメッセンジャーで話しかけられた時が

「何か一人では片付けられない悩みやストレスを抱えた」合図なのです。

(と勝手に解釈してる)

 

連絡がないときは「何だかんだで一生懸命頑張っているのだろうな」と

安心して放置しています、笑

 

基本的にわたしからは連絡はしないのですが、

久しぶりにわたしのほうが用件があって連絡をとりました。

 

関わることを恐れないで

彼との出会いや仲良くなったきっかけは、下記の記事に詳しく書いてあるので是非読んでほしいのですが(この記事がより理解できます)読むのが面倒くさい方にザックリと説明します。

 

彼がとても落ち込み悩んでいることを察知し、そんなに仲良くなかったけれどお節介にも自分が感じたことや意見を長文メールで送りつけたことが仲良くなるきっかけでした。

kirahika.hatenablog.com

 

「あの時、気づいてくれたのはひかるさんだけだった」

「ひかるさんの洞察力がなければ、普通は気づかないよ」

 

「きっと他にも気づいていた人はいたと思うよ。でも関わる勇気がなかったんだよ」

 

そう言いました。

 

だってわたしも関わろうかどうか、とても迷ったから。

自分は他の人よりもちょっとだけ勇気があっただけなのです。

 

自分を信じ、相手も信じる

そんな知り合ってないしなぁ…

予想が間違っていたらどうしようかなぁ…

仲良くないけど、突然こんなもの送りつけていいかなぁ…

 

さすがに迷いました。

 

でも、すぐに迷いは晴れました。

 

間違っててもいいと思いました。

ドン引されてもいいと思いました。

変人だと思われてもいいと思いました。

嫌われてもいいと思いました。

 

だって、悩んで周りに言えない状態で苦しんでいる可能性はゼロじゃなかったから。

 

求められてもいないのに意見を伝えるなんて、いつもならしないのです。

基本「ニーズなきところにサプライなし」だから。

 

でも、その時はどうしても「送らなければ」と心が突き動かされ、

わたしの直感と自分の人を見る眼を信じました。

自分を信じました。

 

そして、彼なら届くだろうと彼を信じました。

 

結果、このことがきっかけで信頼し合える仲になりました(^^)

 

知ってる人か、知らない人かとか

会ったことがあるとか、ないとか、

そんなことはどうでもいい。

 

必要かもしれないと思ったら、

怖がらないで関わること。

 

それができたら、きっと信頼関係をもっともっと得ることが

できるようになるのだと思う。

 

だってわたしたちは同じ人間、

仲間なのだから。

 

覚悟があるのなら

相手が求めていなくても、動いてみてもいいのだと思う。

 

その行動によって、ひょっとしたら

相手が元気が出るかもしれないから。

 

自分を信じ、相手も信じよう。

 

勇気をだして

怖がらないで関わっていこう!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  ☆イベント情報☆随時更新しています

2017年4月23日(日)11:00~13:00

 アドラー心理学ゼミナール「男女の性質の違いを知る」(ヒューマン・ギルド)

2017年5月13日(土)、20日(土)13:00~18:00

【アドラー心理学ELM勇気づけ勉強会】◇新宿開催◇第2期募集中!

2017年5月27日(土)13:00~15:00

【男女の性質の違いを知るスクール・基本編】◇新宿開催◇

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると嬉しいです