安西光(ぴかりん)のブログ【きらきらひかる】

-自律の光で心を照らす-安西光のブログ

その能力を自分でどう伸ばしていくのか、それが大切なんだよ

先日友人と飲んでいたときに「人との繋がり方」について話をした。

 

世の中には、影響力や拡散力や人脈がある人と交流持ちたがり仲良くなりたがる人がいる。力の持たない人に対しては態度が180度違う。

「その人とお付き合いがあれば宣伝になりそう」とか、「この人と仲良くしていれば人脈いっぱい増えそう」とか、利害関係で人間関係を構築していく人たちで、やはりそういった人間たちは同類がくっつきやすい。類友の法則だ。

 

「そういうのはフェイスブックの投稿でもわかるね~」という話をしたのだが、わたしも信頼している友人たちも、言葉ではなく人の行動や表情や声などをちゃんと見たり聴いたりしているので「いま嘘言ったな、心から言ってないな」とか「行動と言葉があってない」とか、とにかく気持ち悪さを感じる。

 

kirahika.hatenablog.com

 

対等な関係で付き合えない人だけではなく、劣等感が強い人、人が信用できない人、承認されたがっている人、本当は仕事うまくいってない人、本当は夫婦仲が良くない人、などなど…こういった人たち<外側を取り繕う人たち>を見抜く力がとても強いように感じる。これも類友の法則なのかもしれない。

 

周りにカリスマ性のある人たちがたくさんいるので、嫌でも見させられる&対等ではない態度を取られることが多いというのもあるかもしれないが。

 

kirahika.hatenablog.com

 

大人の顔色をうかがう子どもたちの秘めたる能力

「そういう能力ってさ、いつくらいからついたのだろうね?昔からそうだった?」と聞いたら、友人が「大人(親)の顔色をうかがう子どもだったから」と言った。

 

わたし自身も意識的に顔色をうかがう自分は思い出せないが、父親がアルコール依存性、虐待を受けてきた環境で育ったわけだし、少なからず影響しているだろう。

昔のわたしはどうだったと母親から聞かされた時の発言や、いつも観察している自分を客観的にとらえて総合的に考えると、きっと「大人の顔色をうかがう子ども」だったに違いない。

 

よく「大人の顔色をうかがう子ども」というのはネガティブに捉えがちになるが悪いことだけじゃないんだなぁと、その会話で気がついた。

 

子供の頃から訓練してきて、大人になってから「観察力や洞察力に優れ、人を見る目がある人」になる可能性もあるのだとしたら、あながち悪いことではないように感じられたのだった。

 

 

その能力を自分でどう伸ばしていくか

だからといって、大人の顔色をうかがわないと生きていけない環境を、親が与えるのは良くないことだと思っている。

 

わたしが言いたいのは「大人の顔色をうかがって生きてきたから、こんなふうになりました」と言い訳をしながら生きていくことはやめたほうがいいということだ。

 

それは事実かもしれないが、その事実をネガティブに捉えて能力を伸ばしてこなかったのは紛れもなく自分だ。

 

こんな話を聞いたことがある。

父親が殺人を犯してしまい、兄弟は殺人犯の子供というレッテルをはられた。
そのことで兄はグレてしまい、大人になってからも父親と同じように犯罪をおかしては刑務所暮らし。弟は父親のようにはならないと反面教師にすることを誓い立派な人間となった、という話だ。

 

このようなことはよく起こりうることだと思う。親や養育環境が悪くても自分の運命を切り開き、自立した立派な大人になっている人なんてごまんといる。

 

同じ環境で育ってきた兄弟が一方はグレて、もう一方はいい子になることもある。同じ環境で虐待を受けた子どもが、一方は大人になって虐待をするような人間になったり、もう一方は反面教師で虐待は絶対しない人間になったりもする。

 

影響因にはなりえるが、決定因ではない。

いつまでたっても改善しないのは、自分で「周りの顔色をうかがわないといけない」と決定を下しているだけなんだよ。

 

結局は過去にあったことをグダグダ言っていても仕方なく、”その能力を自分でどう伸ばしていくのか”というところが大切にはなってくるのではないだろうか。

 

「大人の顔色をうかがう子ども」時代から培ってきた能力を生かすか殺すかは自分次第なのだ。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  ☆イベント情報☆随時更新しています

 

2017年2月19日(日)14:00~16:00 

2017年3月25日(土)15:00~17:00

【男女の性質の違いを知るスクール・基本編】

2017年3月3日(金)、17日(金)、31日(金)、4月14日(金)12:00~14:00
【アドラー心理学ELM勇気づけ勉強会】第一期募集中!

 

* 個人相談、カウンセリングのメニュー・料金につきましてはこちらをご覧ください。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると嬉しいです