自律の光で心を照らす安西光のブログ【きらきらひかる】

-自律の光で心を照らす-安西光のブログ

何が優しくて、何が冷たいのか。

おはようございます。ひかるです(^^)


「ちょっと冷たいなと感じる時がある。でも、ちゃんと言ってくれるって本当はものすごく優しいよね」

先日友人にそう言われました。


普段は穏やかでどうでもいいことには意見をしませんし、知らない人に対しては何も言いませんが、大切な友人たちには「それはちょっとアカン」というものはハッキリと本人に伝えます。



怒っているわけでもなく自分の意見を伝えているだけなのですが、時には相手の確信を突くようなグサリと刺さるようなことも言ってしまうようです。切れる短剣をたくさん隠し持っている女と言われたこともあります(笑)


悪気がない、、、わけではない。
傷つくことをわたしもわかって言っているところがあります。だから「きっと冷たいと思われるだろうな」と思いつつ、そう思われてもよいと思ってやっていますから。



相手の目先の快感のためや自分が嫌われたくないがために優しい言葉だけをかけるのではなく、真剣に相手のことを考えた言葉を伝えることがわたしの考える優しさなのです。


目先のための優しい言葉を欲している人にはあまりいいイメージを持たれないし、よく「誤解されやすい人」と友人から言われます。


何が優しくて、何が冷たいのかは人それぞれの捉え方次第で決まるものだし、優しさにも色々な優しさがあって、冷たさにも色々な冷たさがあることは確かですからどれが正解なんてないかもしれないけど


自分の考える「優しさ」や「冷たさ」に誤解されても別にいいやと思えるくらいに自信を持って、態度に出せるかどうかを大事にしたいなぁとわたしは思うわけです。


自分の軸となっている価値観は大切にしたい宝物ですね。








ひかるFacebook

https://www.facebook.com/hikaru.anzai
*友人申請はメッセージを添えてお願い致します。


ひかるTwitter
@Hikaru_3DCG




人気ブログランキングへ
面白かったら押していただけると嬉しいです