「やりたいことしかやらない」という発想はやりたいことができていないからではないか。

こんばんは。ひかるです(^^)


「やりたいことしかやらないようにする」というような発言を至るところで目にすることが多くなりました。たぶん人生の方向性・やりたいことをして生きていくかどうか、のような意味合いで言っているのだろうなと思います。



わたしは比較的やりたいことをやっている人生を歩んでいるけれど、「やりたい」とか「やりたくない」とか深く考えたことがないことに気がつきました。



みんな、「やりたいこと」「やりたくないこと」に意識しすぎではないだろうか?


普段からやりたいことをやっている人は、やりたくないことをやるのは論外なので考えることもない。そして、やりたいことをやるのが当たり前なので「やりたい」と思う前にやっていると思う。


やりたいことをやるのが当たり前な人たちは「やりたいことしかやらない」などという思考にはならないと思うのです。いちいち頭に出てくるのは自然にやりたいことをできていないということではないでしょうか。



大事なのは、実際に「できているかどうか」なのだと思う。
自然とできている人は意識しないし、発言もしないと思うのです。


仕事もプライベートも、やりたいことができているし、やりたいことの中で発生するやりたくないことは「やらなければならない」ことだ。

「やりたい」とか「やりたくない」とか
そういう次元の話ではない。

「やりたいことを継続するために、やらなければならない」



個人的には「やりたいことしかやらない」ことは視野を狭めることになると思う。自分の「やりたい」ことにしか目がいかず、「やりたくない」ものの中にもしかしたら向いているものがあるかもしれないからです。




そして、付け加えてわたしは「できるか(向いているか)」「できないか(向いていないか)」で基本判断していると思う。


やりたいかやりたくないかという自分の感情は一旦置いといて、やってみて向いているものだったら継続し、どうしても向いていないものはやめてしまう。


自分のできることを伸ばしていけば、それがやりたいことになる可能性は大きい。



ブログだって「どうしてもやりたい!」から始まったわけではなく、できることをやっていたら面白くて「やりたい」に変わっていった。


アドラー心理学も自分ができていることかもしれないと思ったから勉強をし始めて、面白いので「やりたい」に変わっていった。



「やりたい」「やりたくない」で判断するのもいいが、「できるか(向いているか)」「できないか(向いていないか)」で判断することも必要なのではないだろうか。


そして、目の前にある「できること」をやらないで「やりたいこと」だけやることで、本当に目指すべき場所にたどり着けるのだろうか。そこをよく考えたほうがいいと思う。



正しい努力ができるかどうかを考えたときに、きっと後者の考え方も必要になるのだとわたしは思う。










ひかるFacebook

https://www.facebook.com/hikaru.anzai
*友人申請はメッセージを添えてお願い致します。


ひかるTwitter
@Hikaru_3DCG


人気ブログランキングへ
面白かったら押していただけると嬉しいです