自分がパワースポットになりましょう。

こんばんは。ひかるです(^^)


パワースポットって一時期とても流行りましたが、今も大人気ですね。


わたしは信心深いほうなので社寺仏閣めぐりが大好きですし、趣味は御朱印集めです。御朱印ガール歴15年以上(^^)


でも、パワースポット目当てで行くということはまずありません。
観光がてらたまに立ち寄るくらいです。



昔こんな記事を書きました。
神さまにお願いごとをする前に考えて欲しいこと



パワースポット巡りをする人にも色々いると思います。
「常に感謝と努力を忘れず信心深くて、さらに頑張るので神さまの力で支えて頂こう」という人なら問題ないとは思います。わたしもそう思っていつもお礼にいきます。


でもパワースポットって、基本的にパワーを欲しがっている人が集まりやすく、その場所は欲望にまみれていて「パワー頂けたなぁ」と思うことはほぼほぼないです。


逆に群がっているちょっと嫌な氣が充満していることに何故気がつかないのだろうか、と不思議に思うときがあります。あの空気感で良いパワーもらえるとか思えるのが不思議。


もちろん「ここは良い雰囲気でパワーありそう」というところも存在しますが、わたしがそう思うときは人が少なくて、静かで穏やかな時間が流れている場所です。流行っていて、人が群がっている場所には感じません。


パワースポットは「良いパワーも悪いパワーも受け取る可能性があるから気をつけること」と言いますよね。本当は訪れる際にはとても気をつけないといけない場所なんですよ。悪いパワーをもらってきて、さらに悪化することもあるそうです。


パワースポットだってね、パワーをもらうだけの人間がたくさん来たら、そりゃ疲れると思うんですよ汗


神さまも土地も、人間と一緒だとわたしは思っています。



わたしはパワーを欲しがる人間、パワースポット巡りにハマってしまう人間を見ていて思うことがあります。


なんで「自分をパワースポットにしちゃおう!」という発想にならないのだろう?なぜその発想にならないのか不思議です。


どこにいってもわたしがパワースポットなのだから行く必要性がない。


わたしは自分がパワースポットだと真面目にそう思っているんですよね晴れ



別に他人を癒せる力があるわけじゃありません。他人なんて癒せなくたっていい。
自分のことを自分で癒せることができたら、それで立派な自分のパワースポットです。



なぜ、自分で自分のことを守れるようなパワーを持ちたいなと思わないのだろう。
なぜ、他人や場所を求めるのだろう?


わたしには、そちらのほうがよくわかりません。


自分で自分のことを賄うことは普通のことだし、それができない人は自分自身でパワーが充電できるという自信や能力がないのかな?と思ってしまいます。



自分がパワースポット。
どんな物に囲まれても、どこに居ても関係ない。

それが理想だよね(^^)


自分がパワースポットなら癒されたいとかまず思いません。
だからわたしは「癒されたい」とか、よくわからん。肉体的に疲れることはあっても、精神的に疲れることはほぼないに等しいので。


自分をパワースポットに今からしちゃえば良いと思うんですよね。


自分がパワースポットになる努力をしたほうがいいと思うんですよね。


どうしたら自分をパワースポットにできるかといったら、、、人それぞれなので、正直わたしにはわかりませんが、わたしが思うに心から自分自身を信じる力を持つことかもしれません。



自分を信じれないのに他人や神さまを心から信じることなんてできませんよね。信じてくれない人間の願いなんて叶えてはくれないと思います( ´ ▽ ` )


まずは自分を信じることからです。





ひかるFacebook

https://www.facebook.com/hikaru.anzai
*友人申請はメッセージを添えてお願い致します。


ひかるTwitter
@Hikaru_3DCG


人気ブログランキングへ
面白かったら押していただけると嬉しいです