読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は自分でデザインする 【 きらきらひかる 】

-人生は自分でデザインする-     アドラー流で生きる 安西光のブログ

文章だけではなく、配慮も伝わるブログを目指すこと 〜他者目線でブログを書くこと〜

ブログ

こんにちは。ひかるです(^^)


いい文章を書くというよりは、いかに「読者にとってわかりやすいか」という視点でブログを書くようにしています。



ですが、その視点も結局は「わかりやすいと思われるわたし基準」。

どんなにわかりやすいかどうかを考えまくって書いても、わたし基準であることは変わりないのですが、他者目線を意識して書いていくことはとても大切だと思います。


とても良いことを書いているのに「わかりにくい」「伝わらない」のはもったいない。



例えば、わたしが他人のブログを読んでいる時にとても気になるのは下記のとおりです。



背景色と文字色が合っていないので読みづらい
→目が疲れて結果読まない。


短い文章と改行のしすぎでスクロールが何度も必要
→読みづらく疲れるので結果読まない。


長文すぎてスクロールが何度も必要
→面白くなければ集中力が続かず結果読まない。


文章の敷き詰め過ぎ

→これも疲れるので結果読まない。


表現が抽象的すぎる(具体的ではない)
→何を指しているのかを考えるのに時間がかかってしまい、結局意味がわからず終い。



よほど「その人が好き、ブログが好き」ではない限り、初めて訪問した人が上記のようなブログであったとしたらちゃんとは読んでもらえないと思う。

なぜなら、初めて訪問したときに上記のようなブログだと、わたしは閉じてしまうからです。


自分が他人のブログを読んで「これはちょっと不便だな、これは疲れるな」と感じることは自分のブログではやらないほうがよいです。



わたしのブログもわかりやすく具体例を出そうとしているので、どうしても長文になりがちです。それでも内容が伝わらなくては意味がないので自分基準ではありますが疲れが生じない程度の長文にしています。いつもそのバランスで迷うことはよくあります。


そして、毎日長文だと重たいので短いひと言シリーズをたまに挟んだり(^^)



プロではないし、技術もないので全部できるようになるなんて難しいかもしれないけれど、そうやって他人目線も大事にしてブログを書いたほうが結果、自分のためにもなります。


文章だけではなくて、そういう配慮ができるかどうかという態度も読者はちゃんと感じています。


ブログは自分のものですが、やはり他者目線を考えたいですね。












ひかるFacebook

https://www.facebook.com/hikaru.anzai
*友人申請はメッセージを添えてお願い致します。


ひかるTwitter
@Hikaru_3DCG




人気ブログランキングへ
面白かったら押していただけると嬉しいです