自律の光で心を照らす安西光のブログ【きらきらひかる】

-自律の光で心を照らす-安西光のブログ

幸せになる勇気【書評】

人は幸せになるために生きているのに、なぜ「幸福な人間」は少ないのか?

アドラー心理学の新しい古典「嫌われる勇気」の続編である本書のテーマは、ほんとうの「自立」とほんとうの「愛」。そして、どうすれば人は幸せになれるのか。

あなたの生き方を変える劇薬の哲学問答が、ふたたび幕を開ける!!


(表紙裏部分を引用)




前作の「嫌われる勇気」の書評はこちらです。


今回の内容は「自立」「愛」を中心に語られています。
教育関連のお話がとても多かったのでお子様がいらっしゃる方に特にオススメ。


心理学というと敷居が高く感じられますが「生きる態度の指針が書いてある本」と言えば、入りやすいかもしれません。


先日、岸見先生も講演会でおっしゃっていましたが「嫌われる勇気」はアドラー心理学の入門書にして決定版の位置づけでまとめ上げた『大きな地図』だそうです。


そして、今回の「幸せになる勇気」はアドラー思想を実践し、幸せになるために歩んでいくための『コンパス』となる一冊とのこと。



「幸せになる勇気」から読んでも大丈夫ですが前作の「嫌われる勇気」も読むとより深くアドラー心理学に触れることができます。


ライフスタイル(仕事、交友、愛)について、教育について(賞罰教育をなぜ否定するのか)、自立について、などとても為になることが書いてあります。個人的にアドラー推しなので是非皆さんに読んで欲しいなぁと思います。


ただ、心理学にあまり触れたことがない方々には言い回しが難しいような気がしました。


「そんな難しい言葉で会話するかなぁ。」という違和感と、青年の台詞が寸劇をみているみたいで違和感を感じたこと(というか大げさすぎて逆に笑ってしまう)が少し気になりましたが、内容はとても良いです(^^)



やはり心理学や哲学を口語に近い形で語ることって難しいのでしょうかね、、、
そこらへんがクリアになれば、心理学や哲学がもっとわかりやすく、親しみやすく受け入れられるんじゃないかな、と思ったりします。



とは言っても、気軽にサクサク読めますので興味がある方は是非♪




ひかるFacebook

https://www.facebook.com/hikaru.anzai
*友人申請はメッセージを添えてお願い致します。


ひかるTwitter
@Hikaru_3DCG




人気ブログランキングへ
面白かったら押していただけると嬉しいです