自信があることとナルシストと自己愛の違い

こんばんは、ひかるです(^^)


自信があることとナルシストと自己愛の違いってなんだろうか。


1年前にそれぞれの違いを考察したものが出てきました。1年後読んでも結構面白いなと感じたのでブログにも書こうと思います。


わたしは考察がとても好きで自分の思考を書いてまとめて再確認する人で、SNSやブログで自分が大好き人間であることも包み隠さずよく書いています。


それがよくナルシストに見られがちなのですが(潜在的に少しナルシストな部分もあるかもしれないけど)自分が大好きなのは「良いところも悪いところも受け入れて自分という人間が大好き」という意味であり、ナルシストとはちょっと違うんじゃないかしら、と思ったのが考えるきっかけとなりました。


じゃぁ、ナルシストってなんだろう?から始まり、ナルシストと似ている自己愛ってなんだろう?と本を読んで考えてみました。



【ナルシストとは】
常に自分のことばかり話して、自分のことが大好きかのように思えるナルシストたちは、実のところ自分に自信がない人が多く、心に何か痛みを抱えている場合や不安を感じるために、自分のことばかり話す。


【自己愛とは】
自尊感情が低く、自信が持てないために不安感や孤独感が強く、負の感情を自分に向ける場合と目をそむけて他者への攻撃をする場合がある。


まず、「自信があること」は言葉のとおりカテゴリー的には【自信がある】です。



でもナルシストと自己愛は「自分に自信がない」という部分が根幹なわけでして、カテゴリー的には【自信がない】です。


そこから枝のように分かれて「ナルシスト」と「自己愛」があります。


できない自分のコンプレックスを打ち消すために生まれた自信過剰に見せるタイプを「ナルシスト」


自分に自信がないため、余裕がなく他人を考えることができない自己中心的な考えと攻撃性があるのが「自己愛」


攻撃性を伴うかどうかという部分が分かれ道なのかな〜。


ナルシストは放っておいても無害ですが、自己愛は攻撃性を持っていて自分に対して攻撃する人と他人に対して攻撃する人がいて、かなり周りに迷惑をかけるイメージがあります。(あくまでも個人的なイメージです)


*文字だとわかりづらいので簡略化した画像もつけておきます。




とても複雑に絡み合って性格というのはできていくので「ナルシストでもあり、自己愛もある」というのもありそうです。パーセンテージによるのかなと。


でも、(健全な)自信がある人はナルシストにも自己愛にもならないのではないかなと思う。そもそもカテゴリー自体が違っていて交わうこともないので。



そんな感じで考えをまとめました。

あくまでもわたしの個人の考察なので正しいとは思わないでくださいね。



考えることって楽しいですね〜(^^)







ひかるFacebook
https://www.facebook.com/hikaru.anzai
*友人申請はメッセージを添えてお願い致します。


ひかるTwitter
@Hikaru_3DCG