自律の光で心を照らす安西光のブログ【きらきらひかる】

-自律の光で心を照らす-安西光のブログ

「悟っていること」と「人格」は別物である

こんばんは。ひかるです(^^)



昨年の夏くらい?からずっと書きたかった記事でしたが、どうまとめていこうか考えているうちに放置されていたお題。



「悟っていること」と「人格」は別物である。


これ、私が昨年学んだことの一つなんです。


以前、「光を与える人間」という記事を書きました。

簡単にいえば、救世主や先導者、聖者と呼ばれる人間たちにも陰陽があって「いるべき場所」が違うということを書いた記事です。



闇の人間を救うのは光の世界の人間ではなく、闇の世界のヒーローだし、光の人間を救うのは闇の世界の人間ではなく、光の世界のヒーローで、どちらも同じ考え方を持ち、同じ方向に進んでいるけれど、交わることがなく平行に進んでいく。


そうやって別々の世界の先導者たちがいて、世界を変えていくのだろうなと思う。



それらのヒーローはやはり気づきをたくさん与えてくれる「悟っている人」だろう。



実際には「悟っている人」というのはいないかもしれない。「気づいている人、気づいた人、わかってる人」の方が表現としては正しいのかも。




自分基準ではありますがこれまで「悟っている人」と実際にお会いしてお話を聞く機会がたくさんありました。



ある時、「悟っている人」と話したときの会話に違和感をおぼえた。お話の最中なのでその違和感はそのままスルーした。



相手がお話しているときも、静かに聞きながら、私なりに考えをめぐらせていた。


とても気づきを与えてくれるし、私の考え方に近いので反論はない。素晴らしい考え方で見習いたいとさえ思った。



だけど「長時間聞いたり、話すことはとても疲れてしまう」と思ったのだ。



帰宅する途中、その違和感は何だったのか、「いい話を聞けたのにパワーを奪われるほどの疲労感はなんだろう?」と、電車にゆられながら整理していた。そして、この人とは「友達にはなりたくないな」って思ってしまった。




誤解を避けるために言っておくが、その人はとても素晴らしい考え方を持ち、眼も美しく、知行一致し、イイ人であることは間違いない。



だけど、、、「社会性がない、コミュニケーション能力が欠ける」のでダメだったのです。



例えば、

察する能力であったり(察していてもあえて察しないようにしているのかもしれない)

相手を不快にさせるような突っ込み方をしたり



会話をしたり、聞いたりしていて、他人の気持ちを考えて、うまくまとめることができない人なのだなぁ、と思った。



でもその様は嫌味がなく、実に爽やかで、悪気は一切感じない。



それが伝わったので、私は「この人は社会性がないだけなんだな〜」と思っただけで、嫌な奴とか嫌いなタイプとか思ってはいない。ただ、もし毎回このようなやりとりをされたら…と考えると、非常に面倒くさいと思ったのだ。


一応聞き上手&察し上手で通っている私でさえ面倒くさいと思ってしまったくらいだった(;^_^A




やはり人間は一人では生きてはいけないし、社会の中で暮らしている。



いくら「悟っている人」であっても社会性やコミュニケーション能力がなければ「人格」がいいとは言えないものだ、とこの時思ってしまったのです。




この時に社会性やコミュニケーション能力がいかに大事かを再認識した(反面教師で)社会で生きていくためには常識やマナーや相手への思いやり、気持ちを考えることは必要なのだ。



ただ、私が抱いたこの人の印象は属性は「闇の世界の人」だと感じたため、闇の世界の人間たちには素晴らしい先導者なのだろうと思う。



わたしは根っからの「光の世界の人」だと思っているし、名前も光だしね(笑)



その人が良い悪いという話ではなく、合う合わないはあるだろうな、ということもある。



以前どこかで「道元禅師は悟りが深まるほどに性格がキツくなった」と読んだことがある。

そして、犯罪者や麻薬中毒者などの人たちでも「悟っている人」はいるという文面も読んだことがあり、なんとなくこれのことなんじゃないかと思った。



悟りが深まるということは自分へのフォーカスが強まっていくので自分以外のことは関心がなくなるのかもしれない。



別に世捨て人になりたいわけじゃないので、やはり全てはバランスなのだろうと思う。



まだまだこれは現時点での私だけの考えで、これから色々経験していけば、また答えが変わってくるかもしれない。


どちらを目指したいかといえば、私は「悟ること」よりも「人格」をよくしたいと思う。







ひかるFacebook
https://www.facebook.com/hikaru.anzai
*友人申請はメッセージを添えてお願い致します。


ひかるTwitter
@Hikaru_3DCG