読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は自分でデザインする 【 きらきらひかる 】

-人生は自分でデザインする-     アドラー流で生きる 安西光のブログ

モテるイイ女〜小悪魔と天使を使い分ける女〜

こんにちは。ひかるです(^^)



最近「モテる女になる」的な記事をブログだけではなく、情報サイトでもよく見かけます。


モテる女になるのは実はけっこう簡単だと思う。


男性の性質を刺激するような格好や振る舞いをすれば、モテなかった人は人気が出始め、モテていた人はさらに男性からモテるようになる。断言しても良い。


ちゃんとそのとおりにできるかどうか、だけが問題だ。


ただ、モテる女=イイ女ではない。


心屋仁之助さんが「ゲスな女が、愛される。」という恋愛本を発売されたとき、そのタイトルを見たときは「やるなぁ!」と感心してしまった。

ゲスな女が、愛される。-あっという間に思い通りの恋愛ができる!/廣済堂出版

ゲスな女はモテると思う。

でも、だからといってゲスな女(小悪魔系女子)になったらそれで幸せになれるかといったらそうでもないと思う。

なぜなら「モテること」と「恋愛を成就させること」は別問題だからです。


男性は恋愛初期は小悪魔が好きだけど、恋愛が安定してくると天使になって欲しいと思う人が多いようだ。(私の周りにいる男性から聞くと9割方がそう発言する)


単純な話、最初からイイ女(天使)を狙えばいいじゃん!と思うし、男友達にもそう言ったりするのだが、そういうものではないらしい。


考えてみたのだが、「それは男性の性質にそっているのかもしれないな」と思える。


女性は男性を好きになってから尽くしていくが、男性は女性へ尽くしていくことで好きになっていく。
*これ覚えるところです!


男性は女性に尽くすことで愛情が蓄積されていく。
自分のこと(女性)を大好きにさせるには男性に投資(お金、時間、行動させる)をさせないといけないのです。


自由奔放な小悪魔系がモテるのは当然のこと。投資をたくさんさせる女性だから男性はどんどん好きになってしまうんです。


ただし、小悪魔系の弱点は「天使になれないこと」だと思う。

恋愛が安定してきたときに「天使になれない」のだから、その恋愛はダメになるケースが多い。



モテるだけの女(小悪魔)はイイ女(天使)にはなれないが、イイ女は頭のいい天使になれば小悪魔に装うことは可能だ。



恋愛初期はあえて小悪魔のように振る舞い、安定してきたところで本来の天使な自分にもどること。



モテる女でもあり、イイ女でもある。
女性たちはモテる女を目指すのではなく、頭のいいイイ女をめざしてほしい。



相手に知られず、手のひらで転がし、恋愛を良い方向に導く力を持つ人は小悪魔にも天使にもなれる人なのかもしれない。


ひかるFacebook
https://www.facebook.com/hikaru.anzai
*友人申請はメッセージを添えてお願い致します。


ひかるTwitter
@Hikaru_3DCG