読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は自分でデザインする 【 きらきらひかる 】

-人生は自分でデザインする-     アドラー流で生きる 安西光のブログ

学びや知識も、実践してなんぼです

講座・イベント 考えたこと

先日アドラー仲間と2月に行うイベント会場の視察へ行きました。結果、その会場ではなくなったのですが、場所が決まって会場などの手配も終わりホッと一息。年内には会場をおさえておきたかったのです。

そのイベントはこちら↓

2月11日(土)13時~18時【恋愛映画で学ぶアドラー心理学トークセッション】

kirahika.hatenablog.com

ランチを食べながら打ち合わせしている時に男女の性質の違いを知るスクールに参加後の出来事を話してくれました。

イベントで配った資料をデスクの上に置いていたら、不在時に奥様がそれを見つけて勝手に読んではいけないと思いつつ、面白くて読むのをやめられなくて最後まで読んでしまったそう。それがきっかけとなり、男女の性質について話し合ったそうです。

 

あー、ホント嬉しい!!!

 

食い入るように最後まで読んでしまったという感想もとても嬉しかったのですが、その資料をきっかけに夫婦が男女のことについて話し合う時間が生まれたことが嬉しいのです(^^)

 

当日に家に帰って旦那様と資料を読み込み共有してくれた方もいました。

 

最初は自分がメモが遅いので画面が移り変わったり、説明が早かったりしてメモが完全にできないことが多いので、わたしと同じような人がいるはずだと思って資料を用意しようと決めました。

余白に自分が気になったことをメモする形にしたかった。だから資料を作りました。

でも、それらが解消するだけではなくて、資料を作ったほうがイベント後も広がる可能性が高いのだと気づかせてもらいました。

 

プロジェクターでの説明だとこうはいかないと思いました。イベントに参加した人だけの頭の中にあるだけじゃ広がらない。相手に「これ読んでみない?」って読ませることができたならパートナーと共有できるもんね!(^^)

 

夫婦関係(男女関係)でもやっぱり大切なのは対話なんですよね。

男女の関係は結局、対人関係ですから。

 

「女はわからん」「男なんてどうしようもない」とか言い放ち、相手の違いをわかろうとも(勉強しようともせず)理解しない態度、決めつけなどですれ違いは生まれていく。小さなすれ違いは大きな亀裂となってしまう。

 

大切な相手なら少しでも理解しようって心がけないとね。

男女の性質は年齢は関係ないのです。老若男女に対応できます。パートナーだけではなく、子育てにも使える知識です。

 

でもその学びや知識も、実践してなんぼです。

男女の性質の違いを理解し、お互いに実践していったら争いは確実になくなりますよ(^^)

 

 

前回の様子はこちら↓

kirahika.hatenablog.com

 

次回の開催は 2017年1月25日(水)17:00~19:00 

【男女の性質の違いを知るスクール・基本編】<新宿開催> 

kirahika.hatenablog.com

次回はさらに改良した資料になると思います!

興味のある方は、是非ご参加くださいね♪

 

 

 

* 個人相談、カウンセリングのメニュー・料金につきましてはこちらをご覧ください。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると嬉しいです