読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は自分でデザインする 【 きらきらひかる 】

-人生は自分でデザインする-     アドラー流で生きる 安西光のブログ

カウンセリング演習と自分の課題

こんばんは。ひかるです(^^)

 

今日はカウンセリング演習に参加してきました。

同期生もたくさん参加していてぷち同期会状態に~

 

他人のカウンセリングを見て聞いて感じることをシェアするって本当に勉強になりますね。

 

わたしだったら話をこう繋げていくけど、この人はそう繋げていくんだ~とか

自分からは出てこない質問の投げかけ方とか

クライエントの様子の変化とか

 

とても勉強になります。

今日は2名の方が最終テストで見事合格していました。いつかわたしも同じことをやらないといけないのかと思うとビビります(笑)

 

3時間、頭フル回転で終わった後にどっと脱力モードになりました。カウンセラー養成講座の時のあの感覚が蘇りました。

 

これから向き合うべき自分の課題

今日はこれからの自分への課題が出てきました。

というか、前からあったことだったけど自分にはできないと思って避けていたところがあります。

 

アドラー心理学の師匠からとある無茶ぶり(笑)をされたのですが突然すぎて(普通に考えて無理でしょ!)と思いつつもそれから3週間経ちました。

師匠が忘れていることに期待していましたが本日やっぱりその話をされて「工エエェェ(´д`)ェェエエ工そんなのできないです」となり、結果断る方向に…

 

不甲斐ない自分…_| ̄|○

 

師匠はいつも「四の五の言わずにやりなさい」が口癖で3週間前から師匠の「四の五の言わずにやりなさい」がリピート再生されていたのです。

 

きっと、依頼する方は「この人ならできる」と思って頼むのだと思うので、ものすごく光栄なことも重々承知しています。

絶対に自分にとっても勉強になるので「やりたい!」という気持ちも強いのですが「わたしみたいな中途半端な知識の人間が誰かの前で”知ってる風”に発表するなんてできない」と強く思ってしまう自分がいるのです。わたしに頼むくらいなら専門家のほうがいいって思ってしまいます。

 

実はこの問題は以前からありました。

何か人前に出るようなことを依頼されても「無理です」っていってました。

中途半端にやっている自分よりもずっとずっと凄い人いっぱいいるし、そちらのほうが聴いた人たちの勉強になるって思うから。

 

でも何度も同じようなことが起こるということは、その課題は自分にとって必要なんだよね。きっとこれからもずっと追っかけてくると思います。

 

演習後に仲間たちと喫茶店でその話をしましたら、勇気づけたくさんしてもらいました。ひかるさんならできるよ!ってみんな言ってくれて(;_;)

 

 

むむむ。

自分と向き合う必要がありそうです。

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると嬉しいです