自己発信するときの得体の知れない恐怖心に勇気を持って乗り越えろ!

こんにちは。ひかるです(^^)

 

自己発信するときの得体の知れない恐怖心ってつきものですよね。

 

例えば、自分の顔写真を公開できないとか、批判が怖くて本音を書けないとか。色々あると思うけど、これからブログを始めたいけど勇気が出ない、本音が書けなくてなかなかファンがつかない、ブログが盛り上がらないとか、そんな風に思っている人も多いのではないでしょうか。

わたしもブログを書き始めて恐怖心にぶち当たったのはフェイスブックの投稿を友人公開から全体公開にするときでした。泥沼裁判離婚で元旦那と別れ、とても粘着な人でDVがあったので「元旦那にバレるのが嫌だなぁ」という理由だけで全体公開を躊躇していた時期があります。

 

結局世界に発信されているし、記事もたくさんシェア拡散されてしまったことがきっかけで「もう、ええわ!問題おきた時に考えるわ!」と全体公開にしました(笑)

kirahika.hatenablog.com

顔写真もアップしまくりだし、ブログで実名も公開してる。

個人情報をアップすることについては安易に推奨をするつもりはありませんが今のところわたしは何事もなく幸せに暮らしてます。

 

問題を抱えてもいないのに自分でありもしない問題を作り上げているんだよね。

みんな得たいの知れない恐怖心を持ってしまう。なぜ怖がるかといったら、知らない世界だから、経験してないからなんです。

 

批判が怖いから本音なんて書けないっていう人いるけどさ、確かに本音を書き始めると批判がくることがあるし、変なコメントがつくこともあるよ。

 

でも、安心してください。わたしの経験上ある程度のアクセス数と記事が拡散されないと批判ってこないものです。

 

それね、やってみて初めてわかるんです。本音を書いてみて初めてわかるんですよ。
有名人でもない私たち一般人が個人ブログで批判を受けるなんてそうそうない。

 

わたしの記事でも悪口を書かれたのは数回のみ。1年半毎日書き続けて(しかもかなりズバっと書いてるけど)数回のみですよ(笑)

 

批判されるんじゃないか?という心配は、アクセス数がそれなりにあって人の目に触れるようになってから考えることなのだと思います。

 

それに見ず知らずの赤の他人が言っていることを気にする必要ありますか?

友人や応援してくれる人もたくさんいるのに、たった数人の見ず知らずの赤の他人が絡んできただけであなたの人生終わってしまいます?

 

おわらないよね~

 

相手を気にするんじゃなくて、相手のことを気にしてしまうところに自分の思考の癖が出るんだよね。

 

 下記の記事にも書いてあるけど、変な絡み方をしてくる相手なんて、大抵文章なんてちゃんと読んでないしマナー違反の小心者ばっかりです。本人のところに悪口をかけないような人ばかりですよ。そんな人たちの言っていることなんて気にしなくていいのです。

kirahika.hatenablog.com

それに 個人情報を出してまでブログを書くということは何か伝えたいことがあるのでしょう?本気で伝えたいならそれくらいのリスクは引き受けるべきです。

 

あなたの本気度が試されているよ。

得体の知れない恐怖心に勇気を持って乗り越えろ!

 

 

 


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると嬉しいです