自律の光で心を照らす安西光のブログ【きらきらひかる】

-自律の光で心を照らす-安西光のブログ

丁寧な暮らしとは”今あるものを大切にすること”だと思う

こんばんは。ひかるです(^^)

 

丁寧な暮らしってなんだろう?検索してみたのだけれど、わたしにはちょっと理解し難い丁寧な暮らしばかりが載っていました。

matome.naver.jp

locari.jp

お菓子は基本手作り、ハーブやプチトマトを栽培して料理には摘みたてハーブを使用、ドリンクにはこだわりお気に入りのカップでゆっくり楽しむ…などなど。

何をもって ” 丁寧 ” と位置づけるのかはきっと人それぞれの価値観で変わってくるのでしょうね。

なぜ ” 丁寧な暮らし ” を検索したか。突然、丁寧の定義ってなんだろう?って思っちゃったのです。

 

わたしは基本おでかけするとき以外は3食自炊を心がけています。疲れているときや仕事が忙しくて料理するのも億劫なときは無理はしませんが自炊したほうが健康にいいし、お財布にも優しいし、料理を忘れないようにするためです。

独身ですから家族のために作らないといけないということもないのですが、面倒になってやらないと料理はすぐに下手になると思っています。いつ役立つかわからないものは出来たほうがいいじゃないか、そんな考えもあって出来るだけ自炊するようにしています。

5年前に卵巣嚢腫を患ってから食べるものを見直しました。そのおかげか2年かかったけど卵巣嚢腫が消えて治ってしまったことがありました。食べ物によって身体は作られているのだと実感し、それがきっかけで自炊の材料(特に調味料)くらいは良いものを使おうと今でも心がけています。

 

良い食材を使うようになると今度は良い食器を使いたいなぁと思い始めました。そして、使いたいと思いつつ、それが実現しないままでいます。

なぜなら今ある食器類を処分することができないからです。

 

丁寧な暮らしってなんだろう?

例えば盛り付けにこだわって気分よくしたいとか、良いものを大切に使っていきたいという気持ちもよくわかるし、できるだけわたしも実行したいなぁと思ってます。

でも、今手元にあるコンビニのポイントを集めてもらった世界の名作シリーズの小皿や、実家から分けてもらったお皿、ディズニーランドで記念に買ったお皿などタダでもらった&安物のお皿だけど、まだ使えるであろうその食器たちを処分してまで手に入れたいものってなんなんだろう?

”丁寧な暮らしはこれ!”と書いてあるサイトには大概「お気に入り、こだわりのものを身につける」とか「本当に必要なものだけを買う」とか書かれている。

それらの書いてあることはもちろん納得できるのですが「じゃぁそのお気に入りやこだわりのものを購入するために今あるものは大切にしなくていいのか?そりゃ丁寧とは程遠いわ」という思いが強いのです。

 

今あるものを大事にするのが丁寧な暮らしだと思う

使えるものを最後まで使うのがわたしの考える ” 丁寧 ” なんだよね。

”今あるものを大切にする” 

個人的にはそれだけでいいんじゃない?って思うのですが。

 

例えば、物だったら壊れるまで大切に使うこと。

頂いたお土産や食べ物はちゃんと食べる。食べれない場合は他の人にあげたりしてダメにしないように心がけること。

対人関係だったら今目の前にいる人との時間を楽しむこと。

 

要するに消費することをやめるってことかもしれない。

 

世の中には様々な人がいるもので100円ショップのお皿を大量に購入してきて腹がたったときに割ってストレス発散する人がいたり、3ヶ月に1回は家中の食器を気分転換で全部取り替える人など出会ってきた。

すごい人たちもいるなと思っていたと同時に、わたしはこのように物を粗末に扱ったり、自分優先で消費する人間にはなりたくないなと思っている。

 

上記に書いたような人たちが丁寧な暮らしサイトに書いてあることを全部こなしていたとしても " 丁寧 " にかすりもしないと思うのはわたしだけだろうか。

丁寧な暮らしを手に入れるために今あるものを大切に扱えなくなった時点で、すでに丁寧に扱う心を失ってしまっているように思えてならない。

 

と言いつつ、良い食器使いたいなぁという気持ちも消えないわたしです。

気長にお皿の寿命を待つしかないですね(笑)

 

 

 


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると嬉しいです