読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は自分でデザインする 【 きらきらひかる 】

-人生は自分でデザインする-     アドラー流で生きる 安西光のブログ

可愛いと言われるより、美味しいと言われたい。

男と女についての考察 考えたこと

こんばんは。ひかるです(^^)

 

今日はショッピングを楽しんで、昼食は外食してきました。

 

男性女性というよりは、まだまだ男子と女子に入りそうなお年頃のカップルが隣の席に座り、彼女のご飯が先に運ばれてきて彼氏が「熱くない?美味しい?」と気を遣う姿に「あぁ、いいなぁ♡」と彼の動向に釘づけ(笑)

 

彼氏のご飯も運ばれてきて食べた瞬間「これ、美味しいね!」と彼女に話しかけていました。

 

 

やはりご飯を美味しそうに食べる人はイイ!

 

若い子には珍しくスマホを一切いじらず、とても優しい目で彼女を見ながら食事をし、雑談を楽しんでいた。

 

彼の気遣いや時間を共有している姿を隣でこっそりチラ見しながら、やっぱり「可愛いと言われるより、美味しいと言われたいなぁ」と思った。

 

「可愛いね」「綺麗だね」

褒められることはもちろん嬉しいことだが、よくよく考えてみるといつどこで誰に言われたのか思い出すことはできない。

 

だけど二人で会話しながらの「美味しいね」はいつどこで誰と食べたのか、しっかりと覚えている。

 

この「美味しいね」を積み重ねていくと、二人でいた時間が記憶に刻みこまれて、一人で何かを食べたとき「これ、美味しかったから食べさせてあげたいな」「今度二人で来たいな」と相手のことを思い出すようになる。

旅行の時も同様でいつも二人で出かけていると、別々に出かけていても美しい景色に出会ったとき「一緒に見たかった」とか「今度は連れて来たいな」と思うようになる。

 

男性は視覚<外見>から入りがちなので自然と外見への言葉が出てくるのだろうが、女性は外見は二の次だ。男性を外見だけでは選ばない。

 

女性は美味しいものが大好きだし、コミュニケーション能力が高いから「共有できる」のがとても嬉しいのだ。

 

そう考えると女性を口説くとき、容姿を褒めるより同じ時間を共有する言葉をかけたほうが記憶に残るし、女性は愛情を感じることができるのではないだろうか。

 

そんなことを考えながら、初めての焼きオムライスを頬張った。

とても美味しかったです♡(神戸元町ドリア・東京ドームシティラクーア店)

f:id:kirahika:20160918161604j:image

 

 

そして、店員さんにお礼をちゃんと言える男性は本当に素敵だなと感じる。こういうところを女性はちゃんと見ているからお気をつけて(笑)

kirahika.hatenablog.com

 

もし気になる人、好きな人がいるのなら時間を共有していると感じさせる言葉がけを心がけよう。

 

 

 

 
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
面白かったら押していただけると嬉しいです