読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は自分でデザインする 【 きらきらひかる 】

-人生は自分でデザインする-     アドラー流で生きる 安西光のブログ

見ている人はちゃんと見ている

こんばんは。ひかるです(^^)

 

わたしの職業は3DCGデザイナーですがブログで仕事の話をすることはほぼないので、きっと読者の中には「ひかるさんは何者なんだろう」と思っている人もいるかもしれません(笑)

※参考までにわたしはこんな仕事をしています。

kirahika.hatenablog.com

先日IT業界で働く友人と食事をしました。その時に「真摯に仕事に向き合い、腐らず積み重ねてきて良かったなぁ」と心から思いました。

 

知らない人に知られている不思議

一番最初に入社した大手ゲーム会社にわたしが所属していた頃と同時期に友人のお客様も在籍していたそうです。

その人(お客様)のほうが大先輩でわたしは名前を聞いたことある人でしたが実際には絡みはありませんでした。

友人がわたしの話をしたら相手は「知っているよ」と答えたそうです。

 

わたしはビックリし一瞬何かやらかしたかな!?と記憶を手繰り寄せましたが、思い当たることがなかったので「その当時わたしはド新人だし、何百人も社員がいる会社で名前が知れ渡るほど実力もないよ。もしかしたら元旦那が社内でそれなりに有名だったから、その嫁として知られていることはあるかもしれないけど…。そのせいじゃない?それか誰かと間違えているとか?」と返しました。

 

「そんなふうに言ってなかったから旦那は関係ないよ。有名か無名とかじゃなくて、見ている人はちゃんと見ているものだよ」

 

その会話をしているときに、以前同じようなことがあったことを思い出しました。

 

別の友人が営業に行った先で3Dの話になったとき「友人にMAYA(3Dソフトの名称)の使い手がいるんですよ」とわたしの名前を出したら「あー、ひかるさんって聞いたことあるよ!仕事ができるデザイナーさんだと聞いたことがある」と返ってきたそう。ちなみにその相手のことをわたしは知りません。

 

後日こんなことあったんですよと言われ「ひかるさんって実はすごい人?」と聞かれたのです。

 

勘違いされたら困ると思って「いやいやいや!ただの下請けだから!(◎_◎;)誰かと間違えてない?」と全力で否定しました。

 

でも別々の友人からこういったことを聞かされると「知らない人がわたしを知っている。これが口コミってやつなのかな」とありがたい気持ちになりました。

 

見ている人はちゃんと見ている

20年間、目の前にある自分にできる仕事を精一杯やってきただけなのに、わたしの知らないところで誰かがそれを見てくれている。

 

もしかしたら、今まで請けた仕事の中にわたしの知らないところで名前を聞いて、仕事を依頼してくれた人もいたかもしれません。

 

ありがたいことでもあり、気を引き締めなければいけませんね。

ちゃんと見ている人がいるということは、ちゃんと見られているということです。

 

口コミは良い噂だけではなくて悪い噂もありますし、悪い噂は良い噂よりも廻るスピードが速いですから。

 

友人たちがわたしの名前を出してくれたこともありがたいことだし、良い噂が聞けたことも貴重なことかもしれません。

 

真摯に向き合う姿は一番説得力のある営業だと思います。

 

これからも仕事だけじゃなくプライベートでも、真摯に”人”と接していきたいなと思った出来事でした。

 

 

 

 

 

 
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
面白かったら押していただけると嬉しいです