安西光(ぴかりん)のブログ【きらきらひかる】

-自律の光で心を照らす-安西光のブログ

素人目線と経験者目線。

こんばんは。ひかるです(^^)

 

今日は美容師さんとオリンピックの話やらイチローさんの話やら世間話を楽しんできた。その会話の中で”素人目線と経験者目線”について話をした。

 

どんな分野でもそうだが、経験者にしかわからないことがある。

 

美容師さんは元野球部だったので「強いチーム同士が戦っていると面白い」という。投げ方が素人くさいとか、運だけで上がってきてしまうチームがあるとか、経験者目線で試合や選手をどう見てしまうかを聞かせてくれた。

わたしは野球についてはど素人なのでどの選手も同じように見えてしまう。

 

経験者が隣に座って解説してくれたらまた違った見方が出きて面白いかもしれませんよ!と教えてくれた。

 

そういえば音楽に詳しい友人も、ある人が弦楽器を弾いているのを見て「この人はピアノも弾けると思うよ」と当てたことがあった。楽器の扱い方を見るだけでピアノができるかわかるらしい。その友人は楽器の音色を聞いただけで熟練度?がわかってしまう人で絶対音感の持ち主だ。

もちろん、わたしは楽器も弾けないし詳しくないので同じように聞こえてしまう。

 

違いがわかるのは素人目から見ても”圧倒的に違う時のみ”だ。

 

 

わたしにもそんな”ある分野に詳しい”ことがあるかどうか考えてみた。

 

そこで思いついたのが映画の実写部分とCG部分の繋ぎ目を見分けることができることだった。一般では気がつけるかどうかわからない部分でもCGで作られているのはなんとなくわかる。

まぁ、職業病だからわかって当然なのかもしれないが、なんとも役に立たない能力だろう(笑)

 

美容師さんにそれを話したら「すごいじゃないですか!どうやって見分けるんですか?」と聞かれたが言葉で言い表すことができない感じだ。

 

目に見える部分でわかる場合がほとんどだが、作り込みがよくできている映像はパッと見ではわからないこともある。

でも、数回見れば違和感を抱く。

”そこに存在している空気感”というのがあって、あるはずなのに存在してない感じの不自然さが気持ち悪く感じることがある。そういう時は大抵作りこんだものだろうと思う。

 

この不自然さはみんなわかるものだと思っていたのだが、どうやらそうではないらしいことに気がつくことがあった。

 

フェイスブックでたまに「こんな衝撃映像が!」などの画像や動画が流れてくることがある。作り込みがしっかりしているが偽物だろうという映像もチラホラある。

だけど、そういった画像や映像を本当に実際にあったものと勘違いしてかなりのコメント数や拡散がされているときがあるのだ。

 

そういう時は「確かに素人目から見たらわからないだろうな…」と思ってしまうことは良くあるし、「全部本物みたい!」という感想に対して「どうひっくり返って見ても海賊版レベル!」という感想しか出てこないこともある。

 

 

素人と経験者というのはそれほどまでに目線や感じ方が違うということなのかもしれない。


 

ある分野にとても詳しい人と話をすると自分が経験したことがない視点や自分だけでは考えつかないことを教えてくれることがある。とても面白いと思う。

 

 

今日はそんなことを思った日でした。

 

 

kirahika.hatenablog.com

*ちなみに関係ないですが、イチローさん3000本安打達成おめでとうございます!

以前、イチローさんについての記事を書いたことがあるのでリンクを貼っておきます。

 

 

 

 
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
面白かったら押していただけると嬉しいです