安西光(ぴかりん)のブログ【きらきらひかる】

-自律の光で心を照らす-安西光のブログ

感情的になったときには、何もしてはいけない。

こんにちは。ひかるです(^^)

 

感情的になっていらぬ行動を起こし、恋愛がダメになるケースがよくあることだが、感情的になって行動しそうになったときは、とりあえず何もしてはいけない。

 

この「何もしない」という選択。

これができない人は意外と多いと思う。

 

「彼と音信不通になってしまった…」

「彼が浮気しているかも…」

「彼が最近元気がなくて黙りこんでいる…」

 

ものすごく心配!どうしてもメールしたい!連絡をとりたい!励ましたい!

 

そう思うかもしれないが、とりあえず、何もしてはいけない。

 

kirahika.hatenablog.com

kirahika.hatenablog.com

 

何もしないこと=放置ではありません。

一旦冷静になる時間を作るために「何もしない」のです。

その時間で相手の様子を伺って状況や気持ちをまずちゃんと理解すること。

 

例えば、なぜ音信普通になったのか。

短絡的に「距離をとりたいのかも、嫌われたのかも」と恋する女性は思いがちだけれど、仕事だけじゃなく何かしらの事情で手がまわらなくなり忙しくなったのかもしれないし、相手の通信状況が悪いだけかもしれないし、もしかしたら入院しちゃったかもしれない。

音信不通だけでも、冷静に考えればこれだけの色々な可能性がある。

 

 

冷静になるために何もしないことを選択する

恋愛だけではなくて、対人関係全般に言えることだと思う。

 

自分が特定の人に嫌われていると思い込み、確認もせずに周りの人間に吹聴する感情的な行動や、嫌なことがあったのでムカついたからネットで悪口を書いてしまう行動など…

 

感情的に行動すると大抵は自分にはね返ってきて良くない方向に向かいます。

 

ちゃんと情報を集めて相手の状況や気持ちを理解してから。行動はそれからでも遅くはありません。「何もしないこと」は相手への思いやりでもあり、目先の自己満足の行動を抑えることができます。

 

何もしないという選択。

是非、覚えておいてくださいね。

 

 

 

 
人気ブログランキングへ
面白かったら押していただけると嬉しいです