自律の光で心を照らす安西光のブログ【きらきらひかる】

-自律の光で心を照らす-安西光のブログ

怒りのパワーの使い道。

こんばんは。ひかるです(^^)


嫌なことがあったり、イライラしているとき、SNSでぶちまけたくなる時があるかと思います。


そんな投稿をみて、仲が良い人は気にしてくれたり、慰めてくれるかもしれません。


でも、他人からすれば、ただの愚痴なんですよね。


面白いもので同じ内容の愚痴だとしても、その人の人間性で別物のように見えますよね。


普段愚痴らない人間がたまーに愚痴っていると「あの人が愚痴を言うなんて余程のことなのだろうな」と心配しますが、普段から愚痴っている人だと「また、いつものやつか」と嫌な気分になります。


何度も何度も書き続けていると、もはや愚痴ではなく「攻撃」になります。そういう部分からも人間性が垣間見えてしまいます。



わたしくしも人間ですから嫌なことがあると愚痴をこぼしたくなる時があります。


先日も一瞬ツイッターに愚痴を書きたくなりましたが、我慢して「本当にそれをして、誰が喜ぶの?」と自分に問いかけ、思いとどまりました。


SNSに発信しても、誰も喜ばないし、誰も元気にはならないんですよね。


仲が良いメンバーは心配するだけだし、他人が見ても有益でもないし、気持ちいいものではありません。



逆にそんなものを世界に発信しても、、、ね。
愚痴を言うなら信頼できる友人に聞いてもらえば良し。



そして、思いとどまった後に黙々と仕事に集中しました。


そうすると、あら不思議。
そんな時ほど集中力は増すし、作業の進行が早いのです。


仕事の進行が良いと、とても嬉しくて、さっきまで愚痴を言いたかった自分がまったくいなくなっているのです。


怒りという感情はとてもパワーを使います。
自分も疲れるし、付き合わされた相手も疲れさせているのかもしれません。


その「こんちくしょう!」という気持ちやパワーを別のことにぶつけて、良い結果が生まれるのなら、そちらのほうがずっといいよね。


うちの母は昔から、嫌なことがあってイライラした時には黙ってキッチンや鍋を磨いていたそうです。


集中力が増し、いつも以上に綺麗になるので「やった!綺麗になった!」と上機嫌になり、イライラが吹き飛ぶそうです。


親子して、怒りのパワーの使い道がうまいなと思いました(笑)
負の感情のパワーを生かすも、殺すも自分次第なのでしょうね。

イライラして投稿しそうになってしまったとき、「誰が喜ぶのか?誰か元気が出るのか?」そう思い出してみてください。

そして、そのイライラを別のことにぶつけてみましょう。

きっと、集中力が増して、いつもより良い結果が出るかもしれませんよニコニコ




ひかるFacebook
https://www.facebook.com/hikaru.anzai
*友人申請はメッセージを添えてお願い致します。


ひかるTwitter
@Hikaru_3DCG