安西光(ぴかりん)のブログ【きらきらひかる】

-自律の光で心を照らす-安西光のブログ

嫌いなものより好きを話そう!

こんばんは。ひかるです(^^)


さりげなく人を不快にさせたり、困らせる会話ってありますよね。



それは「好き」を言わずに「嫌い」を言う会話です。


例えば、「音楽何が好きですか?」と聞いたときに「○○は好きなんですけど、○○みたいな音楽好きじゃない」と嫌いまで発表する人。


好きを聞いているのになぜ嫌いなものまで言うのかあせる
だって、みんな好きなものは別々で自分が嫌いでも誰かが好きな場合だってあるでしょうに。



これはまだ軽いほうで、もっと酷い場合もあります。
親しい友人で、ある程度お互いがどのような性格か等がわかっていればいいのですが、初対面から飲み会等で、かなり真面目に


「わたし、○○嫌いなんだよね〜。○○好きな人しんじらんな〜い!!ありえないんだけど!(嫌悪)」とか言っちゃう人。


大勢の人がいるにも関わらず、自分の価値観だけ先行して「嫌いなもの」を言ってしまう。


好みは個人差があるとわかりつつ静かに聞きながら、好きな人はやっぱり残念な気持ちになると思うんですよ。


わたくしはあまり親しくない人たちとの会話に「嫌い」はあまり必要ないと思っていて、好きなことを言えば「へぇー!それ好きなんだ!」って話は広がるけど、嫌いなものを言っても話は基本広がらないよね。


共通して嫌いなものを話すのならいいと思うけど、相手のことを知らずにリサーチ不足なのに嫌いを主張することって、得することはないと思うんです。知らず知らずのうちに誰かを不快にさせているかもしれない。



たまに「好き」ではなく、「嫌い」を主張するのが多い人いらっしゃるけど、さりげなく相手を不快にさせていることに気がついて会話は「好き」を多くしてほしいなと思います。



やっぱり「嫌い」よりも「好き」を聞きたいよね♪




わたくしも気をつけたいと思います。

ひかるFacebook
https://www.facebook.com/hikaru.anzai
*友人申請はメッセージを添えてお願い致します。

ひかるTwitter
@Hikaru_3DCG