自律の光で心を照らす安西光のブログ【きらきらひかる】

-自律の光で心を照らす-安西光のブログ

好きなことを継続していれば、別の才能が芽生えるかもしれない

こんばんは。ひかるです(^ ^)


最近ブログについて、「文章がわかりやすい」「リズムがある」など褒められることが多くなりました。とっても嬉しい♡


でも、わたくし本当に勉強が出来ない子で国語は好きだったけどいつも成績は3か4。(体育、音楽、美術がずっと5の完全な芸術系タイプ)


勉強もろくにせず偏差値も中の下。

おバカ街道まっしぐらなアニオタ&体育会系脳みそ筋肉な運動少女でした。



語彙が少なく、長島茂雄さんの如く「ドォオオオーーーンン」「バーーーーァァン」って感じで会話する傾向がありました(^^;)
ちゃんと伝えたい時も語彙が少ないのでどう伝えたらいいかわからず考えてしまう。それは今でも時々ある。



日本語力、今でもあやしい(=_=)




だから自分では「私って本当に勉強ができないし、文章を書く事が得意でもない」と思っているのですが、ブログを読んでいる人たちからは「勉強できない人はこんな文章書けない」と言われます。

信じてもらえないガーン



でも、勉強はできないけれど、文章を書く事は好きなんです。

日記や自分のことについてSNSで書く事は昔からだーい好きで、毎日継続して書く事をやめませんでした。


何年も一言でもいいから書き綴っていたら、いつの間にか文章が書けるようになったタイプです。


継続は力なり。
なんです。



料理人だって最初は包丁持ったことなかった時代もあったわけで、スタートはみんな一緒。
「やるか、やらないか」も大事だし、「やり続けるかどうか」も大事だよね。やり続けないとプロの料理人にはなれず、料理の上手い人止まりなんだよね。


「ブログはちゃんと書かないとダメだ」「書けないの恥ずかしい」とか「何かが伝わらなければ書いても意味がない」とか、最初は誰だって無理だって話ですよっ!奥さん!


わたしもなんでもないような日記を書き綴っていたら、ある日突然褒められた。それがちょうど1年半前くらい。そのときはまだブログは書いていなかった。


ブログを書き始めてから、さらに文章がうまくなってきた。そして、たくさんの人から褒められることも多くなった。



たった、数行の日記を書いていただけなのに「好き」ということと、「継続」で文章が書けるようになった。

好きなことを継続していると、新しい別の才能が芽生えるのかもしれないですね。




継続は力なり。

ひかるFacebook
https://www.facebook.com/hikaru.anzai
*友人申請はメッセージを添えてお願い致します。