胡麻和えから学ぶ人生訓。

こんばんは。ひかるです(^^)


お料理の人生訓がシリーズ化しそう(笑)


昨日、インゲンの胡麻和えを作ったのです。

でも砂糖を切らしていました。
わたくし、甘い料理って好みではなくて砂糖を控えた生活をしています。なくても良い生活を送っているのだけれど、さすがに胡麻和えは砂糖が欲しいと思った。


胡麻も用意してしまっていたし、仕方がないので醤油のみで作ってみたんだけど塩気だけで味が尖ってる。
しょっぱいだけだし、美味しくないわ〜(-_-)


これって人間と一緒だよね。


尖っている人間性をまろやかにするのは別の調味料(価値観)を少しでもたしてあげることなんだよね。

どういう人間になりたいかはその人の味つけ次第。





ちなみにこの記事を書いている途中で、砂糖はなかったけど蜂蜜があったことに気がついた私。

そう、甘味は砂糖だけではなく、他の物でも代用できるのです。今頃気がついたよ(笑)


砂糖に固執しているから思い浮かばない。甘味にも代用できるものが他にも色々ありますよね。


何かに固執していると周りが見えなくなってしまう。
「砂糖ないじゃん。(°°;))。。オロオロッ」な状態で見えていなかったんだよね。


そして今頃になって「蜂蜜使えば甘味加えられたじゃん!」と反省している私。周りを見ていれば、もしかしたら美味しい胡麻和えを食べれたかもしれないんだよね。


日頃から蜂蜜を使うことがあまりなかったから思い出せなかったの。
砂糖(価値観A)だけではなく、蜂蜜(価値観B)に触れないと忘れちゃうんだよね。



言いたいこと伝わってますか?笑



あなたはどんな味のある人間になりたいですか。





ひかるFacebook
https://www.facebook.com/hikaru.anzai

*友人申請はメッセージを添えてお願い致します。