常にアンテナはっているとお告げ率が高い。

こんばんは。ひかるです(^^)


まとまった読書の時間が取れなかったのですがここ3、4日時間がとれましたので溜まっていた雑誌や本を一気読みしました。


お盆だからでしょうか、ご先祖さまからのメッセージか、神さまのお告げか、どちらかはわかりませんがある言葉が頻繁に現れて脳裏から離れません。

今回のキーワードは2つあります。
一つは「真似る(学ぶ)」
二つ目は「ずる、騙す」

うーん、一つ目はともかく、二つ目が気になります^^;


読んだ本はこちらなのですが


まず最初に先日読書感想文アップした長沼先生の「辺境生物はすごい!」を読みました。


・「学ぶ」は「真似ぶ」、「習う」は「慣れる」

・「知能が発達するためには、「騙す」「出し抜く」「裏切る」「いじめる」といったスキルが不可欠だという考え方があるのです。」


その時に同時購入した本が画像を見てもおわかりのとおり、「ずる〜嘘とごまかしの行動経済学〜」でした。


「学ぶは真似ぶ」は妙に気になった言葉で、ずるについては以前別の書籍で知能が高いシャチはアザラシを殺さずにボールのように扱い、殺さずにいたぶった後に生きたまま帰すことがある(本来なら動物は餌の捕獲や縄張り争い以外で襲わない)と読んだことを思い出しましてね。


そして「同時購入するなんて、こんな偶然あるかしら」と不思議な気分になったんです。



次に致知7月号を読むとインタビュー記事に「真似」に関連することが書いてあったのです。(しかも2つ!)


「あるところに買い物に行ったら、ただ「いらっしゃいませ」ではなくて、「森本さん、いらっしゃいませ」と言ってくださった方がいてとても感動したの。あぁ、これは私たちも真似しなきゃいけないなと思いましたね。

(ポーラレディ森本早苗さん×ファッションアドバイザー岩本悦子さんの対談インタビューより)


「結局、学ぶって言うよりは盗むんだね。よくプロフェッショナルというけれども、あれは第三者が評価するもので、自分で自分をプロと言う人はいない。その意味でプロとは何かとなると永遠のテーマでもあるんですが、ただ一つ言えるのは教える意思のない人から学ぶのがプロだと思っている。

(東洋思想家境野勝悟さん×ホリプロ創業者堀威夫さんの対談インタビュー)


もうこの時点で「絶対に何かしらのお告げに違いない!」とわたくし思ってしまいました。


それからずっと2つの言葉が気になっていましたが、昨日この動画に出会いました。


[ライフネット会長・出口治明氏×為末大氏 G1ベンチャー2015
第3部 分科会E「歴史とリーダーシップ〜"破壊的”イノベーションを生み出す武器"としての歴史〜」

*リンクがうまくはれないので気になる方はYouTubeで検索してみてください。かなり勉強になりますよ!



一時間以上もある動画なのですが大好きな為末さんと、以前友人がライフネット会長さんにお会いして「すごい人だった」と聞いていたので、なんとなく観たくなって全て視聴しました。


そしたら、ライフネット会長さんが長沼先生と同じようなことをおっしゃっていたのですよ。一時間以上ある動画でたった一言二言ですが(;^_^A


「知能が発達するためには、「騙す」「出し抜く」「裏切る」「いじめる」といったスキルが不可欠だという考え方があるのです。←この部分



さらに!なんと!!今読んでいる携帯用の文庫本にも昨日読んだページに同じことが書いてあった!!



この時点で確信へと変わる!!!(O_O)

怖いっ!怖すぎるほど伝えてくるっ!ぞわぞわ120%MAXですよ!



完全に「真似る(学ぶ)」「ずる、騙す」について何かしらあるように感じます。まだ「ずる」の本は読んでいないので読んだらまたヒントが出てくるのかな!?



今思えば「ずる」の本を購入しようと思ったのも不思議。普段、行動経済学なんて読まないし、最近はこういった意味嫌われる「負」の行動や感情があるからこそ、人間は発展してきたし、バランスがとれるのかもと思って「今」買わないといけない気がして購入しました。



良いと思ったことは真似るように気をつけていますが「最近怠惰だぞ!」と言われているのかもしれないし、「アンテナはればもっと善い学びがあるぞ!」という意味かもしれない。



「騙されないように注意しなさい!」かもしれないし、「騙すんじゃないぞ!」かもしれない。騙さないようには気をつけてますが、、、(^^;;

他にももっとここから繋がっていく可能性もある。


何を伝えたいのかわからないけど、さらにアンテナ張り巡らせて、よく観察していこうかと思います〜。なんか見えない力に気合入れてもらった感じです!



なんか、これはある。という直感って大事よね。



でもこれってアンテナはっていない人や余裕がない人ってわからぬままスルーしちゃう気がする。せっかくのお告げを気づける確率は低くなる。



このお告げ的なものってなんだかわからないけど、結構重要だと思うんですよ。



今の自分を再確認できる、見つめることができるきっかけになるから、それに気づけた分だけ立ち止まって考える機会があるってこと。



インプットしたものを繋げて考えることって大切だなと思うんです。

そこからさらに色々な気づきや新しい発見がある。



気づける人と気づけない人とでは自分のことを考える時間の差が開く一方のような気がします。



せっかく気づけたので糧にしたいと思います♪



さぁ、アンテナはっていこーーー( ´ ▽ ` )ノ