安西光(ぴかりん)のブログ【きらきらひかる】

-自律の光で心を照らす-安西光のブログ

親しき仲にも礼儀あり。親しくないならさらに礼儀を重んじるべし。

こんばんは。ひかるです(^^)



Facebookしてますとメッセージなしで友達申請する方、いらっしゃいますよね。


一度お会いして面識があったり、その場でのやりとりで口頭で「申請させてください」と伝えているのならまだわかります。でも会ったこともない赤の他人と挨拶もなしに友達になれると思っている方々もいらっしゃるようです。私にはよくわからん世界です。


わたくしはこういった無礼な人たちからの申請は全て拒否させていただいております。メッセージ送ってこないのだから、こちらもお断りのメッセージ送りません。


挨拶はしましょうと学校で教わりませんでしたか??


いやー、学校通う前かなり小さい時から親に教わるでしょ。それができないってどういうこと?基本中の基本である挨拶ができないなんて恥ずかしくて私にはできないなぁ。


街中で面識のない赤の他人から突然「友達になれ!」と言われたようなもんです。リアルなら「突然なに、この人!?」って思うよね。


中には挨拶がなくても誰とでも仲良くなりますという人もいるでしょう。それはそれでいいです。



でも世の中には挨拶はするべきだと思っている人たちが数多く存在してるということを忘れちゃいけないよね。



友達になりたいと思い、相手がどちらの考え方かわからない時は挨拶をするほうに合わせるのが気遣いができる人なんじゃないでしょうか。自分がしなくてもOKだから相手もOKじゃないんです。しないより、したほうがいいと思うのです。

だって挨拶したほうが気持ちよく繋がれるじゃない!



それに共通の友人がいたからといって許してもらえるなんて大間違いだからね。


共通の友人がいるからといってうちらが仲良くなれるかどうかは別問題だから!



わたくしね、SNSをしていていつも思うんですよ。

私と友人は仲が良い、友人と共通の友人も仲が良い=だから私と共通の友人も仲良くなれる

と思っている人が多すぎやしないかい。
私が水、共通の友人が油、友人が中和剤だってこともあるんです。その場合、友人は中和剤だから両方と仲良くできるけど、私と共通の友人は水と油なので全く合わないこともあるんです。


一から相手と付き合う時って相手を知ろうとか、距離感を考えたり、ちょっとは相手に合わせたりと、仲良くなるためにどうしたらいいかと相手のことを考えると思うんです。


でも共通の友人が間に入っているというだけで気が抜ける。なんだか友人繋がりだから仲良しな気分になっているけど、実はそうじゃない。その「一から付き合う」部分がすっぽりと抜けてしまうと、仲良くなれるわけがない。


「親しき仲にも礼儀あり」
親しくないのなら、さらに礼儀には気をつけないといけないよね。



共通の友人からの友人申請もいただきますがメッセージがないことも多い。

それは上記のように「共通の友人がいるという関係に甘えてるだけ」だよね。


最初の挨拶すらできない手間を省いてしまう「お友達になってください」ってなんなんだろうね。


相手がどういった考えの持ち主かわからないのに、あえて安全な「挨拶をおくる」ことを選択しないのはなぜなんだろう。


相手を考えることをしない友人申請は「本当にその人と本気で友人になりたいのでしょうか」



リアルでは挨拶は大事なのに、ネットではしなくていいなんてことはないと思うよ。


だってネットのやりとりも「現実(リアル)」なんですから。