安西光(ぴかりん)のブログ【きらきらひかる】

-自律の光で心を照らす-安西光のブログ

自分の言葉でなければ響かない

こんばんは。ひかるです(^^)



自分がブログを書くようになってから色々なブログを拝見させていただいておりますが「とても良いことを言っているのになぜか言葉が入ってこないなぁ」と感じることがあります。


なんとなく綺麗すぎる文章ってマニュアルみたいでその人の「個」が見えない。


私はこの「個」が見えないとすぐに飽きてしまうみたいです。専門用語使いすぎとか、難しい言い回しばかりとか、一気に冷めてしまう。


だってさー、専門用語って「個」を感じないじゃん!


それに読者は基本「素人」と同じで知らないこと前提で合わせて書いたほうがいいと思う。


何かを伝えたいからブログを書くわけで、伝わらないと意味がないと思うんです。


例えば私の仕事でサブディビジョンとかリグとかシェーダーとか専門用語が色々あるわけですが、今読んでいる方々でどれくらいの方々がその意味がわかるのだろうか?きっと多くて1%あるかないか!?だと思う。


その言葉が通じるのは同じ仕事をしている人だけ、知識がある人だけなんですよね。


同じ仕事をしている人や仲間「だけ」に向けて発信しているのなら別にそれでもいいと思うけれど、大半はそうじゃないと思うんです。


例えばお客様に向けて書くならそんな専門用語言ったってわからないじゃん。ユーザー目線に立って、わかるように書いてあげないと興味持ちづらいと思うんです。

ブログを読む人(お客様)を考えてないでしょ、みたいな。
純粋にそういう人に仕事を頼もうと思わないし、物を購入したりしたくないな〜って感じちゃう。


これは個人のブログでも同じことで「個」が出ていないと飽きちゃうし、読んでくれる人にわかりやすく伝えるにはどうしたらいいだろうか?と考えているブログって文章に出ると思うんです。


綺麗な文章でもないのに長文でも読めてしまうブログってあるよね。
私が読みにいってしまう人気ブロガーさんって「個」も出ているし、読者目線で書かれていることが多いなと感じたんです。


私も内容は読者には合わせず書きたいこと書いてますが、何かしらは伝わって欲しいと思っているので文章にする際は「どうしたら見やすいか?どうしたら伝わりやすいか」をものすごく考えながらブログを書いています。



技術がなくても、その気持ちは文章からもやはり伝わるものだと感じています。


お友達に手紙を書くような感覚でブログをつけるのもいいかもしれないですねニコニコ



さて、「個」は何回言ったでしょうかにひひ
また明日〜〜〜ヽ(´▽`)/