安西光(ぴかりん)のブログ【きらきらひかる】

-自律の光で心を照らす-安西光のブログ

自分の理想や妄想や偏見で相手を作りあげていませんか?〜自分でセロファンを選ぼう〜

こんばんは。ひかるです(^ ^)


先日Facebookがきっかけで知り合いました友人たちと飲み会をしました。出会って2年くらいですが今では何でも話し合える大切な友人だとお互いに思っています。


その友人たちから「ブログだけを見るとリアルな私とあまりにもギャップがありすぎる!」と言われました。


ブログだけ見ると話しづらい印象みたいです。
ハッキリ言い過ぎてそんなに怖いイメージなのかしら!?(;^_^A


親しい友人であれば意見は言うかもしれませんが、それも基本は一度言って終わりです。大人は一度言えば自分で考えることができるからです。


さほど親しくない方々には人様の価値観について、どうのこうのと指摘する立場ではございませんので自分からは意見は言いません。聞かれたら答えますけれど(笑)


指摘される側からすれば少なからず赤の他人から言われたら「楽しくないし、面白くない」と思うのは当然だと思いますし、プライドが高ければ尚更です。わざわざ相手が不快になるとわかっていて自分の意見を言おうなんて思いません。


価値観というのは自分が変えようとしなければ変わりませんので他人が言う必要がないからです。


それに「間違いというものはこの世に存在しない」と思っています。その人が満足に幸せに生きているのならばそれでいいと私は思っています。生きていく世界が違うだけです。


だからリアルでは自分の意見は言わないだけなんです。言う必要がないから言わないだけで自分の意見は持っています。


リアルでの「その場の雰囲気とメンバーを考えて自分の意見を言わない私」とブログでの「自分の意見をハッキリ言う私」のギャップはあるかもしれませんが、それは誰でも同じことだと思います。



今回飲んだメンバーは私の「ハッキリとした意見があるが押しつけない女性」だと認識した上でお付き合いしてくれています。わたくしを受け入れてくださる理解あるとても素敵な方々です。



印象のギャップのお話で思うことですが、実際にお会いして挨拶だけでろくにお話をしてもいないのに、あるいはネット上のやり取りだけで「あの人は○○だ」と自分の理想や妄想や偏見を押しつけてくる人いるんですよね。


そういう人は「極端に避けるか」真逆の「友達になってオーラがハンパない(なってくれ!の圧を嫌になるほど感じる)」のです。


極端に避けられるのは残念の一言です。実際に何かをしてしまったのなら嫌われても仕方のないことですが、イメージだけで合わないと判断され嫌われるケースがある。生理的に合わないという場合もあるかもしれません。


また最初からお友達モード炸裂の人もネット上のやり取りで勝手に妄想した人格を押しつけてくるので、ちょっとでも合わない部分が出てくると一気に離れて行きます。勝手に盛り上がり、勝手に離れていくんですね。
こちらのタイプは「好き」という感情が「憎い」に変わることがあり、嫌がらせに発展する可能性があるので厄介です。


こちらとしてはどちらのパターンも仕方ないかと思い、相手の対応に合わせますがそういう人たちを見ていると「もう少しゆっくりと人(人格)を見ることはしないのだろうか」って思うんですね。


非常にもったいない気がしてなりません。


イメージが好きじゃないというだけで避けてしまって、そんな勝手なイメージがなければ普通に付き合いが始まり、もしかしたら自分を助けてくれる価値ある人になっていたかもしれません。


イメージが良くて好きだったけど期待しすぎて逆にガッカリしすぎてしまうことだって、自己中な感情ですし、相手にはいい迷惑であり、それが元で関係が悪くなることもあります。
その勝手な期待がなければ、ゆっくり時間をかけて親しい間柄になれたかもしれないのです。



人間は「自分フィルター」を通して見てしまいがち。それはちゃんとした自分フィルターなら問題ないのだけれど、例えば真っ赤なセロファン(理想や妄想や偏見など)を目の前に置いたら、真っ赤な世界になってしまう。正常の色では見えないのです。どの景色を見ても真っ赤っか。


心が綺麗な人ほどセロファンは透明で景色の様々な色が見える。現実の色のまま見えるのと同じように。



やはりね、イメージや思い込みで相手を判断しちゃいけません。大事なのは実際に会ってちゃんと話した上でどうなのか、だと思うのです。


好きになるのも、嫌いになるのも、実際に会ってからでも遅くはないよ。


そして、会った時はお互いに素直に自分をさらけ出して話していく。
それの積み重ねてで大切な関係は構築されていくんだと思う。


自分でセロファンを選べるんだよ。だったら透明なセロファンを選ぼうよ!


自分の理想や妄想や偏見で相手を作りあげず、現実の相手を見ましょうね〜