読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は自分でデザインする 【 きらきらひかる 】

-人生は自分でデザインする-     アドラー流で生きる 安西光のブログ

自分の性格をよりよく変えてしまう方法

こんにちは。ひかるです(^^)


片方には綺麗な器に汚い水が入っています。もう片方には汚い器に綺麗な水が入っています。

どちらを飲みたいですか?


私は正直、どちらも飲みたくありません。

綺麗なお水は綺麗な器で飲みたいです。



器が汚れていれば水が汚れます。水が汚れていれば器が汚れます。


これって人間(外見と中身)と一緒だと思うのです。


「綺麗な水なら飲みたい。」


そう思えたら、たくさんの人々がそれを求めて寄ってくると思います。


自分が綺麗な水(中身)のままでいるには、自分でろ過する作業が必要ですし、その水を相手に美味しく頂いてほしいのであれば外見も磨くこともしなければならないと私は思います。


外見とは形が整っているかどうかではなく、綺麗でいたいという意識が外見に現れているかどうか、ということです。


自分に気を遣えない人間は相手に対しても気を遣うことなどできません。


そして自分の外見に気を遣えるかどうかという部分にその人の性格がでます。面倒くさがりだったり、飽きっぽかったり、努力や忍耐が嫌いで言い訳して諦めたり、、、

これらのちょっとした怠慢な行動の一つ一つが蓄積されると当然ではありますが、どちらも徐々に汚れていく。

汚れていくのが水(中身)が先なのか器(外見)が先なのかは個人によって違いますが、確実に言えることは「中身と外見は連動する」んですね。

外見に気を遣い、綺麗になっていくと中身も綺麗になっていきます。この段階で本人は実体験で「連動している」と気がつくので、中身を綺麗なまま保ちたいと思うから面倒くさがらず外見を磨き続けるのです。


これ本当なんですよ〜。


外見を綺麗にするようになってから性格が明るくなり、ポジティブになった女性を何人も見ています。そして、ポジティブになると外見を綺麗にするのが楽しくて、自らすすんで気を遣うようになります。相手のために綺麗でいたいと思えるようにもなります。



自分の中身を変えたいけど、どうしたらいいのか迷っている方々へ。
まずは外見からアプローチしてみてるのも手ではないでしょうか〜♪