安西光(ぴかりん)のブログ【きらきらひかる】

-自律の光で心を照らす-安西光のブログ

神さまにお願いごとをする前に考えて欲しいこと

私の趣味は社寺仏閣巡り、ご朱印をいただくことです。

信仰をしているというよりは日本の文化や建築の美しさを楽しむ目的のほうが大きいです。


常日頃から神さまに感謝(-人-)

仕事を一つ終わらせるたびに水回りの掃除をして、トイレに盛り塩して「今月も生活することができました。ありがとうございました」と感謝(-人-)

神さまが本当にいるかどうかはわからないけど見えない力は信じている。だから神さまという存在もすんなりと受け入れてます。

普通の方々よりは社寺に通うことが多いかもしれないです。
そしていつも思うことがあるんです。


パワースポットと紹介されれば大行列になったり、お正月だけ決まりきった時期にしか参拝せず一方的にお願いをする。

あなたが神さまの立場になったときにそうされて本当に嬉しいですか?

お友達や親戚が困って必要な時にだけしか会いにこないのと一緒だと思うのですよ。手土産がお賽銭って感じかな。パワースポットが話題となって行列になるのは、宝くじに当たったら親戚や友人が増えるのと一緒。あやかりたい〜あやかりたい〜。

私が神さまだったらそんな人たちの願いごとなんて聞き入れたくないですね。


話は変わりますが、とあるヴァンパイア映画を観まして印象に残っている台詞があります。主人公がヴァンパイアに襲われ十字架をかざした時にヴァンパイアは言います。

信仰心もないくせに十字架をかざしたところで何の意味もない

十字架が効かず、主人公は大苦戦します。


それに似たようなことだと思うのです。
私が言いたいのは信仰しろということではありません。

都合の良い時だけ頼るな」と言うことです。

「健康でいたい」「仕事が成功しますように」「恋人や家族と仲良くできますように」色々なお願い事がありますけれど、まずは自分で努力しないとダメですよね。


そして、願いを言うのではなくて「お礼と報告」をしたほうがいいのではないかと思います。


「1年間頑張ってきて自分はここまで努力できました。ありがとうございました。これからも見守っていてください。」そういった謙虚な気持ちでお礼と報告をしたほうが神さまだって優先的にそちらを選ぶと思うのです。

それに1年に1回しか会いにこない友人よりも定期的に会いにきてくれる友人と仲良くしたいって思いますよね。


私は神さまって同じ感情を持っているんじゃないかなと思ってるんです。

人との関係を丁寧に扱うように、神さまへの扱いも丁寧に行ったほうが美しいと思う。


私は伊勢神宮へ毎年決まった時期に参拝していますが、TVでパワースポットの特集があり、いつもは人っ子一人いないような隅っこのお宮さんに大行列ができ、それにでくわしたことがありました。
その大行列はTVで放送された年、たった一回のみ(。-_-。)

何年も同じ時期に通っているからわかることがあるんです。同行している友人と「ありえないわ〜」って正直思いました。


やっぱり空気が違うんですよ。人の欲望がまるだしの空気でその年だけ伊勢神宮の空気が違ってました。
欲まるだしで神頼みなんて恥ずかしくて私はしたくないな。


初詣もパワースポットも行くなとは言いません。ただ、日本の文化を大切にしたい、社寺仏閣が大好きな私としては心持ちを大切にしていただきたいなと思います。


本当は神さまに対してだけの話ではないですけどね。

相手の立場になってものを考えるのは人間同士だけではなく、自然や動物や物や見えないもの(絆とか気遣いとか対面することができない生産者さんのこととか)全てのものに対して感謝の気持ちを持つべきだと思います。


自然とそれができるように人になりたいです。