ネガティブがあるからポジティブになれる

ネガティブ思考が悪いという風潮ですが、私は「ポジティブってネガティブがなければ成り立たないなー」って思っています。


ネガティブで何が悪いの?ネガティブだから悩めるんだよ!
「自分ってダメだな。こういうところ嫌だな、治したいな。」そういう気持ちがあるからこそ、治す努力を始めるんだと思う。


何にも考えないただのバカ系ポジティブはきっかけすら与えられず、治すこともしないでしょう。だから成長もないのです。こんな人ポジティブでもなんでもない!ただのバカだ。


そんな人よりネガティブのほうがずっといいよ!
自分の改善点いっぱい知ってるし、これから治していくのに忙しくできるじゃん。


私は周りから超ポジティブって言われますが自分ではネガティブ要素を強く持ってると思ってる。


ネガティブだから色々なことを考えるし、自分が聡明で美しい女性になるためにはどうしたらいいのか、どういう心持ちで生きていったらいいのか日々考えてる。


それは人間なんて弱いから楽なほう楽なほうに流れることを知っているから。自分もいつ流されるかわからないから自分を律するため。


でもこの努力はネガティブな私があってこそなのだ。だからポジティブでいられるんだと思ってる。



自分を律して、努力して、乗り越えた先に「自分もやればできるじゃん!」という自信が生まれ、それを繰り返すことによってポジティブになっていく。ポジティブな人ほどネガティブな要素を持っている人だと思う。



ポジティブは「明るい、プラス思考」というよりは「乗り越えていく力の強さ」、「勇気力」なんじゃないかと思う。



ネガティブは自分と向き合わず、甘えて乗り越える覚悟が持てない。だからずっとそのままで、自分が「嫌だな、治したいな」と思ってもすぐに逃げて諦めてしまう。だから成長もしない。成長しないから本人もそれをわかっているのでどんどんと自信をなくしていく。「自分は何もできない」となってしまう。言い訳に「自分はネガティブだから、、、」と出てくる。


ネガティブだから行動できないのではなくて、自分が行動を起こさないからネガティブなんです。


行動を起こさないということは頭の中では悩みでいっぱいなのに、身体は暇なわけ。身体が暇だとどんどん考えちゃうわけ。もう無限ループ。


とりあえず改善したいところを治すために小さいことからコツコツと色々動けばいいだけなんです。「自分はこんなこともできるんだ」「やればできるじゃん!」ってのを蓄積していく。動けば忙しくて悩んでる暇はないのです。

運動をしろと言っているわけじゃないですよ、自分のやりたいことをやりましょう!(それが運動ならありです)やってみたいことをドンドンやってみましょう!ってこと。


そして行動するにはちょっとした覚悟を持つ勇気と乗り越える強さがあればいいだけ。


新しい世界を手に入れるのはとても不安。失敗するかもしれないし、何かを失うことがあるかもしれない。
もしかしたら「できない自分」を再確認しちゃったりするかもしれない。
それだったら不満はあるけど今のところにいたい。その世界を知っているから。


「会社辞めたい」と言って、なかなか辞めない人と同じなんだと思う。


本当に脱出したい人は勇気を出さないと手に入らない。
性格なんてね、自分が本気で変わりたいと思ったら簡単に変えられるもんなんです。その覚悟があるかどうかなんです。
私は本気になって短期間で変わりました。自分が経験してるからこれは間違いない!


今の自分が好きじゃなかったら、好きな自分でいられるように自分から「考えて」「動く!!
それすらもできないのは本気じゃないのだ。


そろそろ本気になってみてもいいんじゃないかな。
自分のことを変えたいならね!