連日の多数のご訪問、ありがとうございます。感謝いたしますm(_ _)m

愛情料理研究家・土岐山協子さんのブログで記事を紹介していただけました。

SNSのコメント欄で反論する行為は、良い縁を自分から切ることである

また、かさこさんがFBでシェアをしてくださり、たくさんの方々が記事をみてくださったことに大変感謝いたします。本当にありがとうございましたm(_ _)m

紹介されている記事を書いたのは有名ブロガーさんたちの批判を目にすることが多いこともありますが、私自身も若い頃から実体験でたくさん経験してきたからです。今でもたま〜にありますが。

職業柄、有名な作品の開発を携わっていたこともありますが、2ちゃんねるで悪口をたくさん書かれたことがありました。発信することが大好きだった私ですがブログで「お肉が食べたい!」と書くだけで性格悪そうといわれる始末でした^^; 会社の方が書き込んでいた形跡もありました。


若いし経験も浅いので無視をするということができず、それで一度ブログをやめてしまったんですね。

仕事の重圧と有名人でもないのに開発に関わっているというだけでネット上で悪口を書かれることが若い私は耐えられなかった。

当時は20代前半でそりゃ悩みまくりました。

一生懸命仕事をしているだけなのに、誰も傷つけていないのに、会社から与えられている仕事をこなしているだけなのに、会社の人や作品のファンたちから何でここまで叩かれないといけないのか?こんな目に合わないといけないのだろう?と。

でも、あの時の私ように批判されることで悩んでいる人間は必ずいるんだって思ったら、批判について書かなければいけないと思いました。

あれから10数年経った今、私はものすごく経験値あげて強くなりました。発言できる人が発言しなくてどうする!と思いました。


皆様、読んでくれてありがとうございます。

もし宜しければ土岐山さんとかさこさんのブログも見てくださいね!