とり残されて/宮部みゆき 【読書】

宮部みゆきさんの「とり残されて」
超常現象を扱った物語を集めた短編集です。



宮部みゆきさんって状況設定の伝え方がとても上手い作家さんですね。
読みながら頭の中ですぐに映像化できたので本を読んでいるのだけれど、まるでその場で映像を観ている感覚になりました。

鳥肌がたつほどゾワゾワしたり、最後の1ページくらいで衝撃の真相を知って「まさか!むっちゃ怖すぎる!(>_<)」と思ったり、主人公の執念の強さを恐ろしく感じたり…と、どのお話も面白くて引き込まれました。

他の作品も読みたくなってしまった(^ ^)

短編集だったので飽きなかったし、夜寝る前に少し読もうかな〜と手をのばせたので大変
良かったです♪