読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は自分でデザインする 【 きらきらひかる 】

-人生は自分でデザインする-     アドラー流で生きる 安西光のブログ

神との対話【読書】

神との対話

何度かの離婚を経験し、失業し、面倒をみなければならない妻子を抱えて、苦悩していた著者。

自分は欠点もあるが一生懸命に生きてきた。人間とは何か、人間らしい生き方とは何か、一生懸命に考えてきた。それなのに、どうしてこう何もかもうまくいかないのか。

神様、あんまりではありませんか、著者はそう神に手紙を書いた。

悲しみや苦しみ、恨みつらみを綴って、さてペンを置こうとした時、自然にペンが動いて、神からの返事を記しはじめた。こうして神との対話が始まった…



内容は神様との対談ですがとても深いメッセージがギッシリつまった本です。


スピリチュアル系なので目に見えないものや神、霊などの存在を信じない人には向かない本だし、興味があっても人間とは何か?とか哲学とか、そちらも興味ないと読んでも一切内容は入ってこないだろうなーと思います。


まず、神様と対談?嘘っぽいってちょっとでも思われた方はやめておいたほうがいいかも(笑)

私はこの本と出会えて本当に良かった!
今のタイミングでこの本に出会えたことに運命を感じ身体が震えました。


神様の言っていることが全部理解できたし(やっと理解できるようになったのが今の時期
だったのだと思う)、私の価値観、信念が神様の言っていることと同じで「私はこのまま私の信じる道を歩いていけるな」と強く背中を押してもらえた感じです。


私も著者と同じように神様について考えたり、真理ってなんだろうっていつも考えてます


仏陀やキリストや世界的に有名な人格者、哲学者などに大変興味があり、書籍もそういったものを中心に読んできました。宗教に興味があるわけではなく、人物たちに興味があるのです。どんな人生を送り、どんな性格や環境で育ち、どんな思考を巡らせていたのか。


この本を読んですごい衝撃を受けたのは実はこれらのメッセンジャーたちは全く狂いもなく同じことを考え、同じことを言っていたのかもしれないと気がついてしまったこと!

色即是空空即是色も天上天下唯我独尊もそれぞれの名言や説法など全部意味が一瞬にしてどれもこれもこういう意味だったとわかってしまう感覚。そして皆同じこと言ってるじゃないかー!って一瞬で点と点が線で結ばれた感覚でした。

とても内容は難解なので挫折したり、意味わからない人の方が多いかもしれません。


普段から既成概念にとらわれないで誰かに指摘される前に色んな方向から物事を見れる人じゃないと理解するのは厳しいかもしれません。ですが、今回の紹介で興味が湧いた方はもしかしたら読める時期かもしれません。


この本を手にとったのは神様がそうさせたと書いてありました。
私も神様から受け取った
と感じました。


ご縁ですのでインスピレーションを感じた方はぜひぜひ読んでみてください!
神様から「あなたに今必要なメッセージだよ」と言われているのかもしれません。


オススメします(^o^)